ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > メディカルトーク > ...

メディカルトーク
第100回 歯の定期検診でう蝕・歯周病を防ぐ

タグ:
カテゴリ:メディカルトーク
更新:2014/08/21 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

メディカルトーク
症例1

35歳、男性。冷たいものがしみたため、受診。全顎的に多数のう蝕。歯の神経に近接した大きなう蝕と診断。

症例2

55歳、男性。左下奥歯が揺れて、咬めない事が気になり受診。全顎的な歯周病、左下は抜歯と診断。

今回のドクター

中島隆歯科医/ハイフォン国際歯科センター

①う蝕、歯周病とは?
う蝕とは、う蝕原因菌により歯自体に穴があく病気です。一方、歯周病は、歯周病原因菌により歯の周囲の歯ぐきの骨が溶かされ、歯を支えられなくなる病気です。う蝕、歯周病は、歯科における二大疾患で、大人の場合、どちらも進行はゆっくり。

初期はう蝕、歯周病ともに症状を認めず、日常生活に支障はありません。しかし症状が出始めた頃には、かなり進行した状態である事が多いです。いずれも継続した歯の定期検診で予防できます。

②早期治療で体への負担を軽減
歯の定期検診では、う蝕、歯周病の予防のため、歯石の掃除やフッ素塗布などを行います。罹患した際も、初期状態で発見し、早期治療に取りかかることで、体への負担を減らします。初期状態の治療は、う蝕ならば小さい範囲のつめ物で修復します。歯周病であれば、数回の歯石取りと経過観察で終わります。時間も費用もかかりません。

進行がかなり進んでいる場合には、歯の神経の除去、抜歯など元の状態に戻せない治療方法が選択されます。

③ベトナム赴任でもきちんと受診を
日本では定期的に歯科受診していた方でも、ベトナムでは受診ができず、日本への一時帰国も不定期かつ滞在時間も短いため、歯科受診は後回しになりがちです。歯科受診をしにくい環境は本人だけの責任ではありませんが、自分の健康管理は本人の責任です。

現在、ベトナムの主要都市では、日本人歯科医師常駐の歯科医院が増えています。日本語で、日本と同水準の治療が受けられる設備が整備され、慌ただしい日本滞在時間でなくとも、ベトナムでゆっくりと歯の定期検診が可能な環境が整っています。歯科では、3~6ヶ月ごとの定期検診をお勧めしています。痛みが出てから慌てるのではなく、普段からお口の中に気を配ることが大切です。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

メディカルトーク 「生理痛」、痛み止めだけで我慢していませんか?/つらいときには低用量ピルも有効な手段の1つ メディカルトーク 「生理痛」、痛み止めだけで我慢していませんか?
つらいときには低用量ピルも有効な手段の1つ

症例 24歳女性。妊娠・出産歴はなく、半年前に夫の転勤でベトナムにやってきた。もともと生理痛がひどく、日本ではほぼ毎月バ…

メディカルトーク 肝硬変や肝臓がんを引き起こすことも。/「慢性B型肝炎」は早期発見&予防が大事 メディカルトーク 肝硬変や肝臓がんを引き起こすことも。
「慢性B型肝炎」は早期発見&予防が大事

症例 52歳男性。10年前、ウイルス感染を意味する「HBs抗原陽性」を指摘された。昨年より皮膚が黄色くなり、腹部が張り、…

メディカルトーク おいしい飲食の後の辛~い腹痛、下痢…/暑い時期は特に、「感染性胃腸炎」に気をつけて! メディカルトーク おいしい飲食の後の辛~い腹痛、下痢…
暑い時期は特に、「感染性胃腸炎」に気をつけて!

症例 47歳男性が夕食に海鮮スープと刺身を食べた未明から嘔吐2回、水様便10回と腹痛があり受診。体温37.2℃、下腹部の…

メディカルトーク 歯ぎしりや、食いしばりによる歯の損傷/歯痛、頭痛の元にもなる「咬合性外傷」って? メディカルトーク 歯ぎしりや、食いしばりによる歯の損傷
歯痛、頭痛の元にもなる「咬合性外傷」って?

症例 日本の歯科医院で、定期検診のたびに食いしばりによる歯のすり減りを指摘されていたが放置していた43歳の男性。最近なん…

メディカルトーク 第123 回/都市部でも遭遇する可能性あり ヘビに噛まれた時はどうしたらいいの? メディカルトーク 第123 回
都市部でも遭遇する可能性あり ヘビに噛まれた時はどうしたらいいの?

症例 都市部の日系企業で働くベトナム人女性が、社員寮の自室で夜寝ている際に、ヘビに咬まれる。すぐに病院に搬送されて血清を…

メディカルトーク 第122 回/虫さされやその周辺の皮膚のじくじく /「とびひ」になっていませんか? メディカルトーク 第122 回
虫さされやその周辺の皮膚のじくじく
「とびひ」になっていませんか?

症例 3歳男児。ふくらはぎを虫に刺されたが、特に気にせずそのままにしていた。3日後、虫に刺されたところと膝の裏がじくじく…

周りの人が近くで話してくれない…なんてあなた。/ お口の臭い、大丈夫?/「歯周病」の話 周りの人が近くで話してくれない…なんてあなた。
お口の臭い、大丈夫?
「歯周病」の話

症例 45歳男性。最近口臭がひどい、と家族に言われる。歯茎からの出血、痛みもあり、全体的な歯周病と診断される。歯周外科手…

メディカルトーク 第118 回/感染症からチーム医療まで全面サポート!/ベトナムでのかかりつけ医「総合診療医」 メディカルトーク 第118 回
感染症からチーム医療まで全面サポート!
ベトナムでのかかりつけ医「総合診療医」

症例 鼻水と咳が3日間続いた後、突然38度の発熱と頭痛がでたため、日本では近所の内科開業医に行くところ、ベトナムの総合診…

メディカルトーク/第118 回蚊への徹底対策で防ごう!/世界的に広がるジカ熱 メディカルトーク
第118 回蚊への徹底対策で防ごう!
世界的に広がるジカ熱

症例 40代、男性。タイに観光目的で渡航。ベトナムへ帰国した数日後、頭痛を伴う発熱が出現。その後すぐ、前胸部から腹部にか…

メディカルトーク/第117回「熱傷」(やけど)は応急処置が肝心/冷やし過ぎないよう注意して! メディカルトーク
第117回「熱傷」(やけど)は応急処置が肝心
冷やし過ぎないよう注意して!

症例 3歳男児。家でポットが倒れ、お湯が右腕から手背にかかった。直後に水で冷却し受診。10×5 cmの発赤を2ヶ所、数ミ…

メディカルトーク/第116回忘年会のシーズンといえば/二日酔いですね! メディカルトーク
第116回忘年会のシーズンといえば
二日酔いですね!

症例 45歳、男性。ひどい頭痛と嘔吐のため来院。前日の晩に忘年会があり、かなり多量に飲酒した。嘔吐による脱水症状があった…

メディカルトーク/第115回虫よけを徹底して/予防しよう「デング熱」 メディカルトーク
第115回虫よけを徹底して
予防しよう「デング熱」

症例 40代日本人女性。発熱と頭痛が2日間続き、筋肉痛、関節痛が出たため来院。血液検査の結果、デング熱の診断。血小板値の…

メディカルトーク/第114回なぜできる、どう治す?/虫歯(齲蝕)のしくみ メディカルトーク
第114回なぜできる、どう治す?
虫歯(齲蝕)のしくみ

症例 35歳の男性が1年半ぶりの定期検診で受診したところ、3本の歯に虫歯(齲蝕)が見つかり治療をすることに。幸いにも虫歯…

メディカルトーク/第113回健康診断を活用して大腸がんの早期発見を メディカルトーク
第113回健康診断を活用して大腸がんの早期発見を

症例 40歳代の男性が過去の健診で便潜血を指摘されるも、「痔のせい」と自己判断し放置。4週前から便秘と下痢を繰り返すも「…

メディカルトーク/第112回体重減少や手指の震えに注意「バセドウ病」 メディカルトーク
第112回体重減少や手指の震えに注意「バセドウ病」

症例 45歳女性。動悸、息切れ、暑さに弱い、疲れやすい、下痢等の症状が3ヶ月続き、体重は8kg減少。甲状腺の腫れ、眼球突…

メディカルトーク/第111回 出産や胎児にも影響 妊娠性歯周炎 メディカルトーク
第111回 出産や胎児にも影響 妊娠性歯周炎

症例 28歳の妊娠中の女性が、歯茎の出血と腫れがおさまらず、歯石除去を受けたものの改善しないためセカンドオピニオンを求め…

メディカルトーク/第110回お酒の多飲も原因の 1つ!「大赤血球症」 メディカルトーク
第110回お酒の多飲も原因の 1つ!「大赤血球症」

症例 50代男性。健診で貧血はないがMCV(平均赤血球容積)の増加を指摘された。生活歴からアルコール多飲(毎日ビール1リ…

メディカルトーク/第109回体の不調を発見! 健康診断を受けよう メディカルトーク
第109回体の不調を発見! 健康診断を受けよう

症例 56歳の男性。ベトナムに赴任して初めての健康診断を行った。結果は、便潜血検査に異常が認められた。「要精密検査」のア…

メディカルトーク/第108回首のヘルニア「頚椎椎間板ヘルニア」 メディカルトーク
第108回首のヘルニア「頚椎椎間板ヘルニア」

症例 仕事はデスクワークでゴルフが趣味という53歳の男性。3ヶ月前より右の肩から腕にしびれが出るようになり、マッサージを…

メディカルトーク/第107回 ピリピリと痛い発疹 帯状疱疹 メディカルトーク
第107回 ピリピリと痛い発疹 帯状疱疹

症例 52才の女性。左脇腹に痛みを伴う発疹が出たため来院。最近仕事が忙しく寝不足であった。左側腹部に水泡を伴う発赤疹を認…