ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 6月号

タグ:
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2014/06/15 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

サッカーベトナム代表監督に
日本人

サッカーベトナム代表とU-23代表の監督に、三浦俊也氏が就任した。
 
三浦氏は1997年のブランメル仙台コーチ就任から、1998~2011年に水戸ホーリーホック、大宮アルディージャ、コンサドーレ札幌、ヴィッセル神戸、ヴァンフォーレ甲府で監督を務めた経歴をもつ。日本サッカー協会のS級ライセンスとドイツのA級ライセンス取得。ケルンスポーツ大学でコーチ理論を修め、英語とドイツ語を解する。
(『Tuoi Tre』2014年5月9日、p.15、『Phap Luat』5月11日、p.15、関連記事p.140参照)

解説
近年、サッカーの日越交流が盛んになっています。
 
2011年10月に日本でベトナム代表と日本代表の親善試合が行われ、2013年には日越国交樹立40周年記念事業の一環で、川崎フロンターレがビンズオン(Binh Duong)FCと、鹿島アントラーズがU-23ベトナム代表とベトナムで親善試合を行いました。また2013年は“ベトナムの英雄”レ・コン・ビン(Le Cong Vinh)選手がコンサドーレ札幌で活躍、Jリーグの試合もベトナムの国営テレビVTV系列で放送されています。
 
2012年8月からJリーグとパートナーシップ協定を結んでいるVリーグでは、2013年に故田部和良氏がリーグを運営するベトナムプロフットボール社(VPF)会長顧問を務め、2014年2月から田中孝司氏が大会組織委員長に就任。代表チームでは、ホンダベトナム社がメインスポンサーとなっています。日本人の代表監督就任に、ベトナムサッカー連盟(VFF)会長が、日本人技術責任者の招聘も示唆するなど、今後ますます「日本色」が強まりそうです。

労働者の国外送り出し、
サウジアラビアで伸び

国外労働管理局によると2014年第1四半期に、ベトナムは2万3277人の労働者を国外に送り出した。3月実績は9346人、最も多い受け入れ先は5268人の台湾だった。
 
新市場も多数伸び、特にサウジアラビアが潜在力ある市場と考えられる。2003年から送り出しを始め、現在15社の送り出しで1万5000人が働く。
(『Nguoi Lao Dong』2014年5月4日、p.06)

解説
2013年のベトナム人労働者の国外送り出し実績は8万8000人。最も多い受け入れ先は台湾の4万6000人、これに日本(9600人)、マレーシア(7500人)、韓国(5400人)が続きます。
 
職種は、製造、建設、漁師、家政婦などが多いようですが、日本とは2012年に看護師・介護福祉士候補者の受け入れで合意しており、この分野での送り出し増加も期待されています。
 
労働輸出は、ベトナム国内の雇用解決や外貨獲得、外国からの技術移転など利点がある一方、問題も出ています。
 
酷使される、約束の給料が支払われない、暴力を振るわれるなど受け入れ先でのトラブルのほか、特に労働者の逃亡が深刻な問題で、韓国が受け入れを凍結したり、台湾では仲介業者が仲介費用を引き上げたりしています。
 
逃亡は、現地で不法就労し続ける、より高給な仕事に就くなどが主な理由ですが、帰国しても適当な就職先がなかなか見つからない問題もあります。高い渡航費用を負担し、外国でそれなりの経験を積んだにもかかわらず、帰国しても仕事がない、安い給料しか得られないなどといった状況が、不法就労の増加に拍車をかけているようです。

女性工員、
既婚者ほぼ100%子持ち

ベトナム労働総連盟女性工員委員会は、女性工員の生活実態調査結果を公表した。現在全国には工業団地・輸出加工区で働く労働者が200万人近くおり、この60~70%を女性が占める。女性工員の72%が既婚で、96.9%に1~2人の子どもがいる。
 
一方で、現在全国の工業団地には112の私立幼稚園しかなく、工員の75.4%は公立幼稚園に子どもを預けるられない。
(『Phu Nu』2014年5月2日、p.11)

解説
ベトナムで頼りになるのは「女性」。この認識は、外国人、外資企業に共通するようで、管理職での重用は無論、従業員の9割方が女性という職場も業態にかかわらず多いようです。そのベトナム人女性は、結婚すれば子どもを産んで当たり前、子どもを産めば、子育てしながら働いて当たり前、という考えの人が多いようです。
 
そこで問題となるのが、子どもの預け先。産休期間は以前の4ヶ月から最近延長されたとはいえ6ヶ月しかなく、ベビーシッターを雇う、実家から母親に来てもらう、田舎に預けてしまう、と様々な方法で子育てしています。
 
託児所や幼稚園は絶対数が少なく、仕方なく無認可業者を利用する人も多いのですが、そこで子どもが虐待される事件も度々起きています。ホーチミン市では、公立幼稚園で生後6ヶ月から預かる計画を進めているほか、政府も2020年までに工業団地で少なくとも500ヶ所の私立幼稚園の設立を支援する計画を承認しています。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

水力発電所の放流、 首相が商工業省に調査指示 2016年10月中旬の大雨で発生した北中部における洪水で、人命や財産に大き…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

小学3年から高校までの10年間 第1外国語の学習制度を整備 教育訓練省は来学年度から、小学校3年生~高校3年生を対象にし…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

「ポケモンGO」、 ベトナムでも大ブームに 2016年8月6日(土)、ベトナムでゲーム「ポケモンGO」の配信が始まった。…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ハノイでバイク禁止計画、 「その後」の移動手段は? 2025年に中心部でのバイク利用禁止を検討しているハノイ。早晩やらね…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

大気汚染対策、2020年までの国家行動計画を承認 首相は、2020年までの大気の質管理に関する国家行動計画、2025年ま…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

伝統型小売の優勢続く近代型も2桁成長 市場調査会社カンターワールドパネル(Kantar Worldpanel)の2015…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

「自分は中間層」ベトナムは96% 実際は55%のみ 博報堂生活総合研究所アセアン(HILL ASEAN)によると、ホーチ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ホアンサー諸島での ミサイル部隊展開で中国に抗議 中国がホアンサー(Hoang Sa)諸島で軍用ヘリコプター基地を建設し…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ASEAN経済共同体が 正式発足 2015年12月31日(木)、ASEAN(アセアン)経済共同体(AEC)が発足した。政…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ジャポニカ米の輸出が 100%の伸び ベトナム食糧協会(VFA)によると、2015年のコメ輸出量は推計650万t超で、う…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

2050年までにほぼ全ての 都市廃棄物をエネルギー化 グエン・タン・ズン(Nguyen Tan Dung)首相は、「20…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

TPP発効時にベトナムが得る利益250億USD、 日米から210億USD 2015年11月9日(月)に行われた環太平洋パ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

入国ビザ発給手数料を引き下げ 財務省は、外国人に対するビザの発給手数料について定めた通達157/2015/TT-BTC号…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

南北鉄道の近代化、詳細計画が公表 鉄道局はハノイ駅からサイゴン駅まで1726km、21省市を通過する南北鉄道近代化詳細計…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

VND1%追加切り下げ、変動幅は±3%に 国家銀行は2015年8月19日(水)、ベトナムドンの対米ドル基準レートを1%切…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

新企業法移行「上々の出来」、10日で2900社設立 2015年7月1日(水)の新企業法発効から10日間で、全国で2909…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

外国人との結婚はほとんど金銭目的、南部の女性が圧倒 法務省によると、2011~2014年に全国で5万人が、外国人・在外ベ…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 7月号

鉄・プラ・紙廃材の原料輸入に保証金、ゴミ排出源では分別 廃棄物・廃材の管理に関する新政令38/2015/ND-CP号によ…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 6月号

年間0.8冊――読書が嫌いなベトナム人 文化スポーツ観光省の統計によると、1人のベトナム人が1年間に読む本は0.8冊。多…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 5月号

ハノイ街路樹「大伐採」を中止、 市民の猛反対受け ハノイ市人民委員長は2015年3月20日(金)、進めていた6700本の…