ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > メディカルトーク > ...

メディカルトーク
第96回 心筋梗塞は
日々のケアが大事

タグ:
カテゴリ:メディカルトーク
更新:2014/04/22 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

メディカルトーク症例

今までに感じたことのない激しい胸の痛みや冷や汗などの症状を訴えて来院。すぐに心電図をとり、まずは、薬剤投与で経過をみる。

今回のドクター

心臓外科 グエン・ホアン・ハ(Nguyen Hoang Ha)医師/VINMEC International Hospital

①心筋梗塞とは?
冠動脈にできた血栓が血液の流れを塞ぎ、心筋細胞が壊死する病気です。心筋梗塞になると、胸部に強い圧迫感と締め付けを断続的に感じ、それが腹部上部、さらに肩や首、あごにまで痛みが広がることが。横たわると痛みが増し、座る姿勢をとると痛みが和らぐことが特徴です

②初期治療法
心筋梗塞は、一刻もはやく処置することが生存率を大きく向上させます。まず、すぐに酸素吸入を行うとともに心電図をとります。心電図は心臓の電気的な活動の様子をはかることで、心筋の破壊範囲を判断。通常、変動を評価するために、短時間中に連続心電図をとります。また、点滴、採血検査、投薬を行います。投薬薬剤は一般的に3種類。冠状動脈拡張と痛み軽減のための「ニトログリセリン」、鎮痛安定剤の「モルヒネ」、血液が新たに凝固するのを防ぐ「アスピリン」です。

③外科手術
投薬だけでは改善が難しい場合や、心電図の結果によっては手術が必要になります。血栓で流れが塞がれた冠動脈の再開通の方法はいろいろありますが、血管に細く柔らかい管を挿入して風船で拡げる「カテーテル治療」が一般的です。多数の閉塞箇所がある人や糖尿病の人、心機能低下がみられる人などは「冠動脈バイパス手術」を行います。

④退院時期と退院後の生活
合併症がなければ、3~5日で退院できます。退院後もしっかり内服薬を飲むことが大切です。内服薬の服用中に合併症が出た場合はすぐに医師に相談し、薬を調整するか変更してもらいましょう。また、普段から食生活に気を付け、喫煙はなるべく避けましょう。喫煙者は、冠動脈の狭窄(きょうさく)の原因となる動脈硬化が進みやすいとされています。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

メディカルトーク 子どもが頑張り過ぎていませんか? 休息を大切に 思春期の「起立性調節障害」 メディカルトーク 子どもが頑張り過ぎていませんか? 休息を大切に 思春期の「起立性調節障害」

症例 13歳女児。夏休み明け、頭痛がひどくなり、朝起きられなくなった。何とか登校し、午後には体調も回復する。学校トラブル…

メディカルトーク 無意識に行いがちな口呼吸 歯の着色や虫歯、歯並びにまで影響を メディカルトーク 無意識に行いがちな口呼吸 歯の着色や虫歯、歯並びにまで影響を

症例 8歳男児。歯の表面に黒色の着色があり来院。診査の結果、着色だけでなく、う蝕(虫歯)も多発していた。常時口が開いてお…

メディカルトーク ベトナムで流行する「デング熱」 蚊に刺されないよう、地道な予防策を メディカルトーク ベトナムで流行する「デング熱」 蚊に刺されないよう、地道な予防策を

症例 31歳男性。発熱と頭痛で受診。デング熱と症状が一致し、検査の結果陽性。解熱鎮痛剤で改善せず、その後全身に筋肉痛、発…

メディカルトーク 体全体の健康に影響する口の中の清潔さ 食生活と歯磨きに気を配り、口内をキレイに メディカルトーク 体全体の健康に影響する口の中の清潔さ 食生活と歯磨きに気を配り、口内をキレイに

症例 32歳女性。夫、小学生の子どもとともに来越して数ヶ月が経過。日本と比較し生活習慣、水や食材の違いなどもあり心配にな…

メディカルトーク 日本にいると、リスクの低い「A型肝炎」 ベトナムに住むならば、予防接種をして回避を メディカルトーク 日本にいると、リスクの低い「A型肝炎」 ベトナムに住むならば、予防接種をして回避を

症例 40歳男性。前任者の都合により急遽ベトナム赴任が決定。赴任期間は不明。予防接種について相談しに受診。感染リスクと重…

メディカルトーク 歯の被せ物が取れてしまったら? きちんとメンテナンスし、原因を治療しよう メディカルトーク 歯の被せ物が取れてしまったら? きちんとメンテナンスし、原因を治療しよう

症例 男性。食事をしている時に、前歯の差し歯が取れて来院。中が虫歯になって差し歯が緩んで取れたようで、「どうしてもそのま…

メディカルトーク 見落とされていませんか? 医師が気づかないと診断できない偽膜性大腸炎 メディカルトーク 見落とされていませんか? 医師が気づかないと診断できない偽膜性大腸炎

症例 50代女性。下痢の症状があり、ホーチミン市内の私立病院に1週間入院し治療。全く改善しないため、逃げるように自主退院…

メディカルトーク 脱腸として知られることの多い鼠径ヘルニア 鼠径部の膨らみを感じたら外科受診を メディカルトーク 脱腸として知られることの多い鼠径ヘルニア 鼠径部の膨らみを感じたら外科受診を

症例 42歳男性。3年前から右鼠径部に膨らみ。陰嚢が腫れたため来院。患部に腸音を聴取。CT、エコー検査で腹腔内から鼠径部…

メディカルトーク なんとなく口臭が気になったら? 口内の病気が原因の場合には治療を メディカルトーク なんとなく口臭が気になったら? 口内の病気が原因の場合には治療を

症例 40代男性。右奥の歯から臭いがするとのことで来院。診査の結果、古いかぶせ物の不適合によりプラーク(歯垢)が蓄積、除…

メディカルトーク 緑内障に老眼、ドライアイ 40歳を過ぎたら気をつけたい眼にまつわる症状 メディカルトーク 緑内障に老眼、ドライアイ 40歳を過ぎたら気をつけたい眼にまつわる症状

症例 44歳女性。人間ドックにて緑内障の恐れがあるとの指摘を受けて来院。視野検査により、視野の欠損を発見。眼圧を下げる薬…

メディカルトーク インフルエンザの感染予防には、うがい&手洗い 冬の日本に帰省する際には要注意 メディカルトーク インフルエンザの感染予防には、うがい&手洗い 冬の日本に帰省する際には要注意

症例 8歳男児。関節の痛みと39℃の発熱があり、病院を受診した。綿棒で鼻の粘膜を取って調べたところ、インフルエンザA型と…

メディカルトーク 美しい魅力的な笑顔は口元から 気になるポイントに効果的な審美治療を メディカルトーク 美しい魅力的な笑顔は口元から 気になるポイントに効果的な審美治療を

症例 42歳女性。差し歯の変色と歯並びが気になると受診。まずは、歯並びを矯正治療で整え、歯のホワイトニングをした後、その…

メディカルトーク 意外と多い「O157」による食中毒下痢が続く場合にはきちんとした検査を メディカルトーク 意外と多い「O157」による食中毒下痢が続く場合にはきちんとした検査を

症例 40代女性、2ヶ月以上続く下痢にて受診。これまでも複数の医療機関を受診し、いろいろな抗生剤を投与されていたが、改善…

メディカルトーク 歯に着色してしまう「外来性色素沈着」 ベトナムの水も関係しているかも メディカルトーク 歯に着色してしまう「外来性色素沈着」 ベトナムの水も関係しているかも

症例 10歳の男の子。母親から「上の前歯の表面が茶色く汚れてきたのでクリーニングしてほしい」と希望。「ハノイに来てから汚…

メディカルトーク いつなるかわからない「急性虫垂炎」発症したらすぐに病院で治療を メディカルトーク いつなるかわからない「急性虫垂炎」発症したらすぐに病院で治療を

症例 40代男性。胃の痛みと吐き気の後、発熱があり、右下腹部に集中して痛みが強くなり、歩行困難になったため受診。体温は3…

メディカルトーク 足を使うスポーツ中に起こりやすい「肉離れ」 適切な応急処置をし、ひどい症状の場合は治療を メディカルトーク 足を使うスポーツ中に起こりやすい「肉離れ」 適切な応急処置をし、ひどい症状の場合は治療を

症例 30代男性。サッカーのプレー中に太もも裏に切れたような感覚と痛みが発生。応急処置後の翌日から、3日に1回の治療開始…

メディカルトーク 砂糖入りの飲み物が大好きな人は要注意! 虫歯が広範囲に広がる「ランパントカリエス」 メディカルトーク 砂糖入りの飲み物が大好きな人は要注意! 虫歯が広範囲に広がる「ランパントカリエス」

症例 43歳男性。歯科検診のため来院。歯と歯の間に虫歯が多発していたため、食生活習慣を尋ねたところ、ほぼ毎日、清涼飲料水…

メディカルトーク 便に血が混ざっている「下血」/内視鏡検査をいつ行うかが最重要 メディカルトーク 便に血が混ざっている「下血」
内視鏡検査をいつ行うかが最重要

症例 50代男性。3日間の便秘の後、腹痛と下血のために来院。痛みは左側に偏っており、血液検査では貧血を認めず。大腸カメラ…

メディカルトーク 歯の根元の段差が気になっていませんか?/咬み合わせが原因の「楔(くさび)状欠損」かも メディカルトーク 歯の根元の段差が気になっていませんか?
咬み合わせが原因の「楔(くさび)状欠損」かも

症例 40歳女性。以前から歯茎が痩せてきたと思っていたが、最近は歯茎に穴が開いて痛いとのことで受診。実際は歯茎ではなく、…

過度のアレルギー反応「アナフィラキシー」/母子感染や性行為、輸血による感染リスクも 過度のアレルギー反応「アナフィラキシー」
母子感染や性行為、輸血による感染リスクも

症例 60代女性。山で蜂に刺され、皮膚が赤くなり息が苦しいと通報。ドクターヘリが出動し、10分で現場に到着した。診察では…