ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 2月号

タグ:
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2014/02/15 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

外国語看板の違反を摘発、
ダナンの中華街

ダナン市人民委員会は2013年12月27日(金)、広告看板の外国語表記違反について、市文化スポーツ観光局と公安の検査により、中華街とも呼ばれているホアンサー(Hoang Sa)、チュオンサー(Truong Sa)、ヴォーグエンザップ(Vo Nguyen Giap)通りで多数の違反を処分したことを明らかにした。

看板に外国語しか使用していない、ベトナム語より外国語の文字の方が大きいといった広告法違反で、4件で総額1000万VND(約5万760円)の罰金、8件で警告および是正命令を出すなどの処分がなされた。
(『Phap Luat』2013年12月28日、p.06)

解説

ダナン市に限らず、ベトナムの大都市には、街頭の看板に外国語が目立つ、外国人の多く集まる地域が多数存在します。

なかには外国語のみ、という看板もありますが、広告法に照らすとこれは違反にあたります。看板に外国語を使用することは可能なのですが、必ずベトナム語を併記しなければならず、また外国語はベトナム語の下部に小さく記載しなければなりません。

またホーチミン市文化スポーツ観光局の調べでは、市内にある看板の実に95%に各種の違反があるそうです。
例えば、建物の道路に面する側に設置される看板のサイズは、横長なら高さ2mまで、横幅も建物の幅以内におさめ、縦長なら幅は最大1m、高さは建物の高さを超えない範囲で最大4mと定められていますが、建物の高さを優に超える巨大な看板もあちらこちらで目にします。

航空・ホテル・観光事業者など
外貨建て価格表示可

国家銀行は、ベトナム国内での外貨利用を制限する規定を案内した通達32/2013/TT-NHNN号を公告した。2014年2月10日(月)に発効する。

これによると、免税品販売組織は、商品価格を外貨建てで表示し、外貨による支払いが受けられる。国境ゲートの隔離エリアでサービスを提供する組織、保税倉庫事業者も、外貨建てでの価格表示、支払いが可能となる。

航空輸送、ホテル、観光事業者は、ウェブサイトと外国語のみの専門出版物で、ベトナムドンおよび相当の外貨建てで価格を表示できる。
(『Nguoi Lao Dong』2013年12月28日、p.11)

解説

ベトナムでは、国家銀行が認める一部のケースを除き、外貨での価格表示や、支払いができません。

規制は、経済のドル化を防止し、自国通貨(ドン/Dong)の流通を促すためで、この数年で状況はずいぶん改善されましたが、ドルでの価格表示や、ドンで価格表示しながらドルで支払いを受けるといった状況は、今も多く残っています。

ドルによる価格表示や取引は、自動車や不動産、ホテル、飲食店など外国人の利用が多いものや高額な商品で多く、大手タクシー会社や旅行会社、高級ブランドなどに罰金が科されたこともありました。

企業からは、ドン表示による不便さを訴える声も多く、外国人向けビジネスでは外貨の利用を認めてもよいのでは、という意見もありますが、通達32号によると外貨の利用が認められるのは他に、金融機関、輸出入、輸出加工企業、領事機関などに限られます。

“英雄”レ・コン・ヴィンが
ベトナム復帰

サッカーのレ・コン・ヴィン(Le Cong Vinh)選手は2013年12月28日(土)、所属クラブ「ソンラムゲアン」(Song Lam Nghe An / SLNA)と話し合い、復帰を決めた。

レンタル移籍していたコンサドーレ札幌から、移籍金24万US$、報酬月1万US$、出場給1000US$で打診があり、資金獲得のため売却を検討していたSLNAだったが、ファンを失望させたくなく、主将として若い選手を引っ張って欲しいとした。「SLNAに24万US$という金額は非常に大きいが、金銭が全てではない」とSLNA社長は話している。
(『Tuoi Tre』2013年12月29日、p.20)

解説

2013年7月、ベトナムサッカー界の“英雄”レ・コン・ヴィン選手の日本移籍は、現地メディアで大々的に報道されました。その後の日本での活躍や滞在中のエピソードなども継続的に取り上げられ、注目されていました。

コンサドーレが契約延長を望み、本人も日本でのプレーを望んでいるという報道もありましたが、決断について本人は、「日本に行く際に、帰ってきてSLNAに貢献すると話していた。僕が最も苦しい時に手を差し伸べてくれたクラブであり、残る契約1年は故郷でプレーしたい」と話しています。

2012年にJリーグとVリーグがパートナーシップ協定を結んでから急接近した両国のサッカー界。2013年は鹿島アントラーズ、川崎フロンターレが親善試合で訪れたほか、Vリーグ運営面でも日本人を招聘、U19ベトナム代表2選手がJリーグトライアウトに参加するなどの出来事がありました。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2018年最低賃金6.5%増 最高は398万VNDに 国家賃金審議会は2017年8月7日(月)、2018年の地域別最低賃…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

外国人の強制社会保険 政令案提出を延期へ 労働傷病兵社会福祉省は、ベトナムで就労する外国人の社会保険加入義務化について、…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ハノイ2030年バイク禁止、 決議承認へ ハノイ市の渋滞・環境汚染低減に向けた交通機関管理強化決議草案では、2030年に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

25㎡のマンション建設認める 建設省 建設省は、ホーチミン市のダットラン(Dat Lanh)不動産社に対し、25㎡の商業…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

機能食品が急伸 健康意識の高まりで 保健省によると、2014年に新規登録された機能食品は1062点だったが、2015年に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

裾野産業協会が発足 企業連携で産業発展 ベトナム裾野産業協会(VASI)が2017年3月18日(土)にハノイで発足。業界…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

全国民に「ヘルスレコード」 定期健診で病気を早期発見へ ベトナムで初めて、病気の早期発見を目的とした国民の「健康記録」を…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

日本留学の斡旋 悪質会社を処分・閉鎖へ 教育訓練大臣と梅田邦夫日本国特命全権大使は、ベトナム人留学生・実習生の管理、ベト…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

2017年の不動産市場 主役は大衆向け住宅 ベトナム不動産協会は、住宅需要全体の70%を占める大衆向け物件が、2017年…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ニントゥアン省の原発計画 中止が決定 国会は2016年11月22日(火)、ニントゥアン(Ninh Thuan)省における…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

水力発電所の放流、 首相が商工業省に調査指示 2016年10月中旬の大雨で発生した北中部における洪水で、人命や財産に大き…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

小学3年から高校までの10年間 第1外国語の学習制度を整備 教育訓練省は来学年度から、小学校3年生~高校3年生を対象にし…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

「ポケモンGO」、 ベトナムでも大ブームに 2016年8月6日(土)、ベトナムでゲーム「ポケモンGO」の配信が始まった。…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ハノイでバイク禁止計画、 「その後」の移動手段は? 2025年に中心部でのバイク利用禁止を検討しているハノイ。早晩やらね…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

大気汚染対策、2020年までの国家行動計画を承認 首相は、2020年までの大気の質管理に関する国家行動計画、2025年ま…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

伝統型小売の優勢続く近代型も2桁成長 市場調査会社カンターワールドパネル(Kantar Worldpanel)の2015…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

「自分は中間層」ベトナムは96% 実際は55%のみ 博報堂生活総合研究所アセアン(HILL ASEAN)によると、ホーチ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ホアンサー諸島での ミサイル部隊展開で中国に抗議 中国がホアンサー(Hoang Sa)諸島で軍用ヘリコプター基地を建設し…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ASEAN経済共同体が 正式発足 2015年12月31日(木)、ASEAN(アセアン)経済共同体(AEC)が発足した。政…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ジャポニカ米の輸出が 100%の伸び ベトナム食糧協会(VFA)によると、2015年のコメ輸出量は推計650万t超で、う…