ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
竹森紘臣さん
建築家

タグ:
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2014/02/04 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

自分のやるべきことは、どこにいても変わらない
ベトナムに来てより一層、異文化の壁を感じなくなった

Library_001
「極端なことを言えば、朝起きた時にそこがベトナムであろうが、日本であろうが気にならないですね」。
 
海外で活躍したいと考えていたところ、知人からの依頼があったのをきっかけに、2011年からベトナムで活動を始めた竹森紘臣さん。設計事務所「ワークラウンジ03ー」の代表を務める、一級建築士だ。「国際交流基金ベトナム日本文化交流センター」の図書室の改修や、カフェ「ジョマ/JOMA」トンズイタン(Tong Duy Tan)通り店などを手掛けきた。 
 
ベトナムで初の仕事となったのが図書館の改修。築100年を超える歴史的建造物であるため、外観や主な作りは変更しない方針のもと、テーマを「内部に向かって開いた図書館」とし、内壁を全て本棚にするというアイディアを出した。限られた空間はそれまで本棚や机がただ置き並べられた状態から、広々かつユーモラスに利用できる場へと変貌。利用者からの評判も上々だ。「毎日欠かさず現場まで足を運んでいた」こともあり、竹森さんにとっても思い入れ深い作品といえる。そんな中、それらの仕事を通して、ベトナム建築で発見があったそうだ。

「ベトナム人は風水に重点をおいて、設計を考える人が少なくありません。玄関の向きを施主の年齢にとって吉とされる方角にするほか、縁起が良い階段の幅や段数があったり。建築士がデザインに口を挟む要素がないほど、風水や法律によって決め固められた案件もあるんですよ」。
 
竣工予定日が間近になったときに不足している資材が分かり、自らがオートバイでハノイの街を探して回ることもあるという。しかし、竹森さんはこのような環境を「不便」だとは感じていない。

「建築士として私がしていることは、日本とベトナムにいる時とでは何も変わりません。与えられた環境のもと、クライアントの要望を聞き、その建造物に対する自分のテーマを決める。それを現場スタッフと共有し、ズレが生じたらその都度話し合う。ただ、言葉の問題や文化的感覚の違いがあるため、ベトナムでは現場スタッフとの話し合いの時間が日本の現場と比べると多い、というだけです」。
 
仕事をしていく中で、国が変われど、自分のスタンスには変化がないことに気付いてから、彼の中でボーダーがなくなったのだ。
「本当に、自分にとってベトナムと日本で働くことの違いが特にないんです」。
 
気さくな笑顔で語る竹森さんの言葉からは、飾らず、与えられた環境で仕事をきちんとこなす「一流職人」としての芯の強さを感じる。
 
異文化は異文化として面白がり、そのうえでどう仕事をするか楽しんでいる竹森さん。だからこそ、自然と彼の手からはベトナムと日本の文化が折衷されたオリジナル作品が生み出されていくのだろう。

竹森紘臣 たけもり ひろおみ
静岡県出身。株式会社worklounge03-の代表取締役。2001年に関西大学大学院建築学科都市計画学専攻修了。2003年にworklounge03-を共同設立。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの日本人/藪下成仁さん/バリア・ヴンタウ省人民委員会/ジャパンデスク事務局 ベトナムの日本人
藪下成仁さん
バリア・ヴンタウ省人民委員会
ジャパンデスク事務局

ベトナム政府側に立ち、日本との架け橋に。 ヴンタウで培った経験をさらなる飛躍へと繋げたい ベトナム南部有数の観光地バリア…

ベトナムの日本人/高山徹さん/ブラジリアン柔術師範 ベトナムの日本人
高山徹さん
ブラジリアン柔術師範

道着1つあれば、世界中どこへ行っても友達になれる。 ブラジリアン柔術の波がベトナムに広がることを願って ハノイ中心部の、…

ベトナムの日本人/村山康文さん/フォトジャーナリスト ベトナムの日本人
村山康文さん
フォトジャーナリスト

文洋さんが教えてくれた「責任」 人生を背負う覚悟で、取材相手と向き合い続けたい 「文洋さんの背中をね、ずっと見てたいと思…

ベトナムの日本人/増田 悠さん/「ぺぺラプール」オーナー兼シェフ ベトナムの日本人
増田 悠さん
「ぺぺラプール」オーナー兼シェフ

子どもたちの可能性を広げるために店を持った 人生を大きく変えたボランティアでの出会い タイ(Tay)湖を望むレストラン「…

ベトナムの日本人/とも/メイド ベトナムの日本人
とも
メイド

人との関わりを避けて生きてきた私が、周りに支えられている。 真っ白なハートでメイド修行を絶賛継続中! 「出身はキラキラ☆…

ベトナムの日本人/須田卓哉さん/ベトナム弓道クラブアドバイザー ベトナムの日本人
須田卓哉さん
ベトナム弓道クラブアドバイザー

ベトナム人の弓道への情熱に突き動かされて。 教えるという立場ではなく、同じ目線で一緒に練習 とある日曜の午後、ハノイ市内…

ベトナムの日本人/井出一博さん/中川新介さん/お笑い芸人・ダブルウィッシュ ベトナムの日本人
井出一博さん
中川新介さん
お笑い芸人・ダブルウィッシュ

語学ができない、仕事も足りない。全然満足していない。 ベトナム語の壁を突破し、「超有名お笑い芸人」に跳ね上がりたい 真っ…

ベトナムの日本人/小林由紀夫さん/佐瀬新さん/野菜宅配サービス「しゅん」運営 ベトナムの日本人
小林由紀夫さん
佐瀬新さん
野菜宅配サービス「しゅん」運営

豊かな食生活とは、「自分の食べているものがたどれる」こと。 畑と食卓、生産者と消費者の想いをつなげることが使命です 残留…

ベトナムの日本人/河田恵美さん/翻訳家 ベトナムの日本人
河田恵美さん
翻訳家

身近にあるもので暮らしや心を豊かにできる! 肌に優しい手作り石けんで魅せられたベトナムの天然素材の力 女心をくすぐるシン…

ベトナムの日本人/尾島祥吾さん/ボクシングトレーナー ベトナムの日本人
尾島祥吾さん
ボクシングトレーナー

燃え尽きられなかった男がベトナム人に託す夢 初の日本プロボクサーとチャンピオンの誕生を目指す!  2014年6月、27歳…

ベトナムの日本人/金田力さん/会社経営者 ベトナムの日本人
金田力さん
会社経営者

ベトナムのディープな「信仰」に魅せられて カメラを手に続くエネルギッシュな巡礼の日々 「ベトナムで人気の女神は、なんとい…

ベトナムの日本人/大谷彩乃さん/アーティスト ベトナムの日本人
大谷彩乃さん
アーティスト

フランス人の友人が見初めた絵から、アーティストに。 ここでの交流を通してヨーロッパに羽ばたける作品を作りたい! 幾何学模…

ベトナムの日本人/池山諒太さん、三谷謙太さん/日系サッカースクール「F.C.JATS」コーチ ベトナムの日本人
池山諒太さん、三谷謙太さん
日系サッカースクール「F.C.JATS」コーチ

サッカーを通じて、感情をもっと素直に表現する大切さと どこにいても通用するハングリー精神を培ってもらいたい 「どこにいて…

ベトナムの日本人/丹羽隆志さん/建築家 ベトナムの日本人
丹羽隆志さん
建築家

べトナムの風景を担う作品を。 現場に柔軟に対応しながら緑あふれる空間づくり 「前面の木を切れないかと相談されましたが、あ…

ベトナムの日本人/萩原周一さん/居酒屋「魚源」店主 ベトナムの日本人
萩原周一さん
居酒屋「魚源」店主

直感を信じ、流れ流れて彼女の故郷バリア・ブンタウ市へ 「本物」がある大好きな場所で、家族とともに生きていきたい 「自分で…

ベトナムの日本人/長谷部太さん/長崎大学熱帯医学研究所ベトナム拠点教授 ベトナムの日本人
長谷部太さん
長崎大学熱帯医学研究所ベトナム拠点教授

ラボでのウイルス分析にとどまらずフィールドへ 人間とコウモリの接触にひそむ感染リスクを追究 「ベトナムでは、コウモリは幸…

ベトナムの日本人/氏家嘉宏さん/うどんと炭火焼えびす店長 ベトナムの日本人
氏家嘉宏さん
うどんと炭火焼えびす店長

おいしさは1人1人の口を通じて伝わってゆく 日本人を満足させるうどんで、ベトナム人を魅了したい フォー(Pho)をはじめ…

ベトナムの日本人/岡田健一郎さん/ベトナム航空パイロット ベトナムの日本人
岡田健一郎さん
ベトナム航空パイロット

パイロットに憧れて40年、副操縦士になって20年 ようやく叶えた機長の夢。日本人だからこそできることを 「今日もよろしく…

ベトナムの日本人/佐々木将雄さん/動物病院院長 ベトナムの日本人
佐々木将雄さん
動物病院院長

日本の技術や知識をしっかりと伝授し、 優秀なベトナム人獣医師たちに道を作りたい 「日本では動物病院でする治療を、ここベト…

ベトナムの日本人/生山葵さん/日本こままわし普及協会ベトナム支部代表 ベトナムの日本人
生山葵さん
日本こままわし普及協会ベトナム支部代表

一緒に遊ぶのに国も文化も言葉も関係ない こまは最強のコミュニケーションツールです 毎週日曜の午前中、ハノイのリータイトー…