ベトナムスケッチ > ベトナム北部 > ハイフォン > ハイフォン通信 > ...

チャン・フン・ダオ伝説を追え!

タグ:,
カテゴリ:ハイフォン通信
更新:2013/11/24 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!
press
日本で元寇があった後の1288年、元軍はベトナムへ攻め込んだ。この時、敵を撃退したのが軍師チャン・フン・ダオ(Tran Hung Dao)で、舞台はハイフォンのバックダン(Bach Dang)川(白藤江)だった。今回はこの戦いを振り返る。
title_001

バックダン川を見渡す小山の頂上から作戦を指揮

ウボー山
Nui U Bo

バックダン川は海に近く、潮の干満差が激しい。それを利用したチャン・フン・ダオは、満潮時に、川底に無数の木の杭を埋め込んだ場所へ元の船団を誘い込み、潮が引いて船が杭に引っかかったところへ攻め入った。元はこの敗北で、計画していた日本への3度目の侵攻を断念したといわれている。実は、日本にとっても英雄だったのだ。

彼が戦いを指揮したのがウボー山。現在は軍の施設のため立ち入り禁止だが、対岸のチャンケイン寺(右上)から全景が望める。

UBo杭を埋め込んだ場所はウボー山から少し下流にあたる、ハイフォンとクアンニン(Quang Ninh)省イェンフン(Yen Hung)県との境目あたりだ

住所:Nui U Bo, Minh Duc, Thuy Nguyen Dist., Hai Phong

元軍撃退のキーとなった杭はけっこう大きい

海軍博物館
Bao Tang Hai Quan

近年になり、クアンニン省のクアンイエン(Quang Yen)地区の畑などで大量の杭が発見された。科学的な鑑定により、13世紀のものと判明し、チャン・フン・ダオが埋めさせた杭と推定されている。

他にも、杭により身動きがとれない元の船団に攻め入る様子を再現したジオラマも展示されている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAクアンイエン地区には、今でも畑に突き出たまま残されている杭があるとか。相当の数を埋めたことがうかがわれる

住所:Pham Van Dong St., Duong Kinh Dist., Hai Phong
電話:(031) 381 4788
営業時間:(火~金曜)8:00~10:30
休日:土~月曜
料金:無料

国の英雄を祀るために祠を新設

チャンケイン祠
Den Trang Kenh

バックダン川のほとりの、ウボー山を見晴らせる小山のふもとに、チャン・フン・ダオを祀るチャンケイン祠がある。彼を祀っていた祠は数度の戦争で破壊され、2005年、ハイフォン市民の悲願だった再建を果たした。

TrangKenh002チャンフンダオ祠ともよばれる。同一敷地内にチャンケイン(Trang Kenh)寺、レーダイハイン(Le Dai Hanh)祠と共に建つ

住所:Trang Kenh Village, Minh Duc, Thuy Nguyen Dist., Hai Phong
電話:なし
営業時間:7:00~11:30 / 13:00~17:00
料金:無料

救国の英雄が今では不妊や難産の神様に

キエップバック祠
Den Kiep Bac

なぜかベトナムでは、元軍を率いたフビライ(Khubilai)は女性に祟る悪霊と伝わっている。そのため、元軍を撃退したチャン・フン・ダオは女性の守り神にして、不妊や難産の神様となった。彼が亡くなったハイズオン省の村に建てられた祠はいつも、多くの女性参拝客で賑わっている。

2013年11月5日現在、同祠は改築工事中。

KiepBac001立派な門構えの境内は、多くの参拝客で賑わう

KiepBac002本尊のチャン・フン・ダオ像

住所:Duoc Son & Van Kiep Village, Hung Dao Commune, Chi Linh, Hai Duong Province
電話:なし
営業時間:24時間
料金:無料

COLUMN : 先人にならった? それとも?

10世紀末、ゴー・クエン(Ngo Quyen/呉権)がバックダン川で南漢軍を破った際、同じ戦法をとったとされている。チャン・フン・ダオは先人にならったと考えられていたが、バックダン川周辺から出土した杭が全て13世紀のものと判明。後世になって書き記した歴史家が2人の戦法を混同したのでは、という説が支持を集めつつある。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

【ハイフォン】ハイフォンの「バイン」を食べつくそう ! 【ハイフォン】ハイフォンの「バイン」を食べつくそう !

小麦粉や米粉を使ったハイフォンの「バイン/Banh」というと、蟹入り平麺「バインダークア/Banh Da Cua」やステ…

【ハイフォン】コロニアル建築の代表格、/市民劇場の内部に潜入! 【ハイフォン】コロニアル建築の代表格、
市民劇場の内部に潜入!

ハノイ、ホーチミン市と並び、フランス統治時代にベトナム国内に建てられた3つのオペラハウスの1つ。風格漂う姿を眺めるだけで…

乙女心をくすぐるハイフォン半日トリップ 乙女心をくすぐるハイフォン半日トリップ

2015年3月8日(日)は「国際婦人デー」。ハノイから日帰りでも行けるハイフォンは、洋風建築が点在し、交通量も多くないの…

ローカルテイスト満載!タムバック市場探訪 ローカルテイスト満載!タムバック市場探訪

幅広く商品を取りそろえるハイフォン最大のタムバック市場(Cho Tam Bac)。市場の人は、観光客馴れしておらず、「ど…

ハイフォンのちょっと気になる個性派カフェ ハイフォンのちょっと気になる個性派カフェ

ハノイやホーチミン市のように数は多くはないけれど、ハイフォンにもそれぞれ工夫を凝らして訪れた人々を楽しませてくれるカフェ…

改装されたハイフォン博物館へ行ってみよう 改装されたハイフォン博物館へ行ってみよう

テーマ別に12の展示室に分かれているハイフォン博物館。1階は古代、2階は1945年以降~近代までの計約2万点が収蔵されて…

港湾都市ハイフォン・お魚生活 港湾都市ハイフォン・お魚生活

ハイフォンには新鮮な魚介類がいっぱい。発砲スチロール箱や氷を売ってくれる魚屋もあるので、旅行者も買物OKだ。当地で人気の…

1周たったの1kmほど。箱庭のようなホンザウ島 1周たったの1kmほど。箱庭のようなホンザウ島

ハイフォンから車で約30分のビーチリゾート、ドーソン(Do Son)。その沖合いに浮かぶのがホンザウ(Hon Dau)島…

海蟹入りバインダードー 海蟹入りバインダードー

ハイフォンを代表する料理といえば「バインダードークア/Banh Da Do Cua」。茶色い平麺を淡水に棲む田ガニのスー…

市民劇場だけじゃない!/様々な様式を楽しめる建築散歩 市民劇場だけじゃない!
様々な様式を楽しめる建築散歩

ハイフォンでのコロニアル建築見学なら、フランス植民地時代の繁華街だったディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通…

ご当地グルメから全国区へ ご当地グルメから全国区へ

ハイフォン以外の地域では「ハイフォン風バインミー/Banh Mi Hai Phong」とよばれる「小枝バインミー/Ban…

街が赤く燃え上がる火炎樹シーズンは5月 街が赤く燃え上がる火炎樹シーズンは5月

「鳳凰/Phuong」の「花/Hoa」の名をもつ火炎樹。5月から6月にかけてハイフォンの街は、この花の赤で染まる。ベトナ…