ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ビジュアル☆ベトナム > ...

ヴィジュアル☆ベトナム
グエン・チュンとベトナム抽象画の数奇な歴史
THE CAREER OF NGUYEN TRUNG AND
THE CHECKERED HISTORY OF ABSTRACTION IN VIETNAM

タグ:
カテゴリ:ビジュアル☆ベトナム
更新:2013/11/06 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

Blackboard II『ブラックボードⅡ/Blackboard II』、2004年、グエン・チュン(Nguyen Trung)
120cm x 100cm、アクリル、オイルスティック、石膏、キャンバス

ヴィジュアル☆ベトナム巨匠グエン・チュンは、ベトナム抽象画の父だと評される。本人は遠慮がちに否定するものの、ベトナム美術史における彼の経歴は、同国の抽象画史について示唆に富んでいる。
 
チュンは1958年、現在のホーチミン市現代美術大学で学び始めた。23歳で初の個展をサイゴンで開き、具象的な作品を発表。フランスからの輸入美術雑誌で抽象画を見てきた彼は、1962年の第1回国際美術展の開催中、ハンス・アルトゥング(Hans Hartung)をはじめ、著名画家たちの作品を初めて目にすることができた。大半のサイゴンの芸術家たちと同様、チュンはこれらの作品は異国的で面白いが、決して真似できないと悟る。抽象画に惚れ込み努力を重ねたものの、彼自身が言うところの「生煮えの米」のような作品しか生み出せなかった。

「僕には十分な技術がなかったし、政治的な混乱から、サイゴンで外国人画家の作品を再び鑑賞することは、かなわなかった。さらに当時の保守的な社会では、芸術家が目新しい何かに没頭することは不可能だった」。
 
ベトナム(南部)における抽象画の数奇な歴史は、フランスが去った後の政治的な浮き沈みと密接に絡み合う。1975年に状況は一新し、南部の芸術は軽薄で退廃的だとされた。革命と国の再建に必要な、社会主義リアリズムの楽観的な将来像だった。需要のない中で芸術家たちはどうやって糧を得て、新しい政治的な流れの中で心情的、知的、創造的にどう適応したのだろうか。
 
グエン・チュンは農民になろうとしたが、妻や友人たちから即座に反対された。考え直した彼は1976年、南北統一後初の国内展覧会に出品。「生煮えの米」の代わりに、農民や労働者を写実的に描いたのだった。
 
10年後、ドイモイ(Doi Moi)政策により国は次第に開けたが、抽象画ははっきり公認されない。この漠然とした状況は1990年代まで続き、その頃には一部の芸術家たちが勇気を出して抽象画に手を出し始めていた。
 
1990年にパリで活動の機会を得て、チュンの創作活動は転機を迎えた。6ヶ月間、彼は「自由な創造」の街で最高の芸術や文化に没頭。ついに心から抽象画に打ち込めるようになったのだ。
 
これがベトナム初の「抽象画家」を生む結果になったかは、議論の余地がある。その頃チュンは中堅の画家であり、彼の作品は時代の変遷とともに大きく変わった。彼は抽象主義だと定義されることを拒み、最高傑作を選び出すことも難しいという。「その審判は僕の死後まで待たないと!」。代わりに、彼の過去50年にわたる制作活動を、絶え間のない進化だとしている。彼の現在の作品は、あえていうならミニマリストだ。
 
チュンの経歴は、ベトナムのような国の美術史を考える時、既存の「なんとか派」のような学術カテゴリーとは切り離し、制作状況に鑑みて芸術家の全作品をとらえ、状況にどう適応してきたのかを考えるべきなのだ。
SAMSUNG

Sue Hajdu
スー・ハイドゥー

オーストラリア人アーティスト、写真家、文筆家としてベトナムと日本で活動。シドニー大学日本学の学士号、同大学院視覚芸術の修士号をもつ。
Website:http://www.suehajdu.com
facebook:Sue.Hajdu.Projects

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ヴィジュアル☆ベトナム/まるで故郷のように/ALMOST JUST LIKE HOME ヴィジュアル☆ベトナム
まるで故郷のように
ALMOST JUST LIKE HOME

Photo ©Sue Hajdu ここしばらくメルボルンに滞在しているため、少しベトナムが恋しくなった私は、ベトナム人街…

ヴィジュアル☆ベトナム/雄弁な語り手/THE STORYTELLER ヴィジュアル☆ベトナム
雄弁な語り手
THE STORYTELLER

Photo © Mai’s デザイナー兼アーティストのマイ・ラム(Mai Lam)は、モデルと並んでキャット…

ヴィジュアル☆ベトナム/2015年4月向けのイメージ/AN IMAGE FOR APRIL 2015 ヴィジュアル☆ベトナム
2015年4月向けのイメージ
AN IMAGE FOR APRIL 2015

Photo © Sue Hajdu 4月にベトナム戦争終結と南北ベトナム統一が40周年を迎えるにあたり、メディアには多く…

ヴィジュアル☆ベトナム/目で見えないもの/THINGS THAT YOU CANNOT SEE ヴィジュアル☆ベトナム
目で見えないもの
THINGS THAT YOU CANNOT SEE

Photo©iStock.com / Suehajdu 友人のアパートの6階から下を見ていて、通りを歩く男性の姿にがくぜ…

ヴィジュアル☆ベトナム/墨を入れたら、綿で隠して。/COVER ME IN INK, THEN COVER ME IN COTTON ヴィジュアル☆ベトナム
墨を入れたら、綿で隠して。
COVER ME IN INK, THEN COVER ME IN COTTON

Tattoo by Ben Tattoo ©Sue Hajdu ベトナム人の体に特別に興味をもったことはなかった。不快だ…

ヴィジュアル☆ベトナム/ベトナム仏教ポップのショッピング/SHOPPING FOR VIETNAMESE BUDDHIST POP ヴィジュアル☆ベトナム
ベトナム仏教ポップのショッピング
SHOPPING FOR VIETNAMESE BUDDHIST POP

Photo © Sue Hajdu 引越しを終え、ポップな内装を少し変えようと、仏具店に行くことにした。サイゴン華人街の…

ヴィジュアル☆ベトナム/マルゥ:素晴らしいストリップショーと /テロワールの深い喜び/MAROU: THE GREAT STRIPTEASE AND/THE DEEPER PLEASURE OF TERROIR ヴィジュアル☆ベトナム
マルゥ:素晴らしいストリップショーと
テロワールの深い喜び
MAROU: THE GREAT STRIPTEASE AND
THE DEEPER PLEASURE OF TERROIR

魅惑的な出会いだった。レジ近くの控えめで小振りな竹の棚に並ぶ5つの板チョコは、全て色は異なるが、どれも装飾的かつ控えめで…

ヴィジュアル☆ベトナム/人々が集う場所/WHERE THE PEOPLE GATHER ヴィジュアル☆ベトナム
人々が集う場所
WHERE THE PEOPLE GATHER

photo © Sue Hajdu ダラット市場はホアビンエリアから階段を50段下った場所にある。丸みのある建物、階段、…

ヴィジュアル☆ベトナム/視覚のバブル/私がジェントリフィケーションを愛する理由/THE VISUAL BUBBLE, OR WHY I LOVE GENTRIFICATION ヴィジュアル☆ベトナム
視覚のバブル
私がジェントリフィケーションを愛する理由
THE VISUAL BUBBLE, OR WHY I LOVE GENTRIFICATION

photos © Sue Hajdu ここ何年かの間に数多くの古いヴィラが飲食店やスパに様変わりしたが、サイゴンの古いア…

ヴィジュアル☆ベトナム/イェルサンの目/THE EYE OF YERSIN ヴィジュアル☆ベトナム
イェルサンの目
THE EYE OF YERSIN

photos © Sue Hajdu このところ、アレクサンドル・イェルサン(Alexander Yersin、1863…

ヴィジュアル☆ベトナム/ しゃもじでない「しゃもじ」/NOT WHAT IS SEEMS: A TRIP THROUGH VIETNAM’S MATERIAL CULTURE ヴィジュアル☆ベトナム
しゃもじでない「しゃもじ」
NOT WHAT IS SEEMS: A TRIP THROUGH VIETNAM’S MATERIAL CULTURE

photos © Ngo Dinh Truc 「クックガックパーティー」は、お腹も目も満たしてくれるレストランだ。奇抜な…

ヴィジュアル☆ベトナム/ビルの解剖:213 ドンコイ/AUTOPSY OF A BUILDING: 213 DONG KHOI ヴィジュアル☆ベトナム
ビルの解剖:213 ドンコイ
AUTOPSY OF A BUILDING: 213 DONG KHOI

『最後の一目』 より ©Ngo Dinh Truc ドンコイ213アパートはもうほとんど存在していない。脇に押しのけられ…

ヴィジュアル☆ベトナム/1年ぶりのベトナムと、20年の後/ARRIVING BACK: AFTER A YEAR, AFTER 20 YEARS ヴィジュアル☆ベトナム
1年ぶりのベトナムと、20年の後
ARRIVING BACK: AFTER A YEAR, AFTER 20 YEARS

今年の2月、1年ぶりにベトナムへ戻ってきた。空港でビザを待つ間に同胞のオーストラリア人女性と知り合い、彼女が少し不安そう…

ヴィジュアル☆ベトナム/アーティストの探究と実験/ARTISTS’ QUESTIONS AND EXPERIMENTS ヴィジュアル☆ベトナム
アーティストの探究と実験
ARTISTS’ QUESTIONS AND EXPERIMENTS

ア・リトルブラブラ(a little blah blah)主催「雨季がやって来るまでの窓」より、『日曜のスーパーヒーロー…

ヴィジュアル☆ベトナム/アーティストイニシアティヴの歴史と活動 / THE HISTORY AND ACTIVITIES OF ARTISTS’ INITIATIVES ヴィジュアル☆ベトナム
アーティストイニシアティヴの歴史と活動
THE HISTORY AND ACTIVITIES OF ARTISTS’ INITIATIVES

展示&パフォーマンス。サイゴン川の船上で開催された一夜イベント。テア・バウマン(Thea Baumann)主催 前号で紹…

ヴィジュアル☆ベトナム/ベトナムの芸術システムを支える3本の柱/VIETNAM’S ART SYSTEM: A BRIEF INTRODUCTION ヴィジュアル☆ベトナム
ベトナムの芸術システムを支える3本の柱
VIETNAM’S ART SYSTEM: A BRIEF INTRODUCTION

ホーチミン市現代美術館 ©Sue Hajdu ハノイやホーチミン市の、特に中心街にある有名なギャラリーに馴染みのある人は…

ヴィジュアル☆ベトナム/お気に入りの視覚のクスリ/MY FAVORITE VISUAL HIT ヴィジュアル☆ベトナム
お気に入りの視覚のクスリ
MY FAVORITE VISUAL HIT

©Sue Hajdu サイゴンには、私が必ず誰かを連れていくか、人に紹介する場所がある。統一会堂だ。   広大…

ヴィジュアル☆ベトナム/フエとヒモと正しくとらえること/HUE, PIMPS AND GETTING IT RIGHT ヴィジュアル☆ベトナム
フエとヒモと正しくとらえること
HUE, PIMPS AND GETTING IT RIGHT

©Sue Hajdu すべての街並みには暗黙の物理的″言語”がある。建物の規模やその間の均衡、空間のサイズや形…