ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
仲佐明人さん
ファミリーレストラン「モモズ」店主

タグ:
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2013/08/18 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

変わらないこだわりと、変わり続けるしなやかさ。
誰もが気軽に利用できる「日越式ファミリーレストラン」を目指して

IMG_8853
日本でやっていることをそのまま持って来てもだめ。味も価格もこの土地のお客様に喜んでいただけるように考えて改良を続けています」。

市街地の喧噪から離れた静かなエリア。バイクや車のクラクションの代わりに、路地で遊ぶ子どもたちの声が聞こえてくる。そんな場所にファミリーレストラン「モモズ」を構える仲佐明人さん。柳に風折れ無し―しなやかな枝が実は一番強い―そんな諺を思い起こさせる人だ。

当初は飲食店をやるつもりはなかったという。ただ、妻の母国であるベトナムでしばらく過ごすうちに、あることに気付いた。それは、当地の飲食店は、麺料理の専門店や各国料理の店など、何かに特化した店がほとんどだということ。

「もっと家族みんなでいろんなメニューが気軽に楽しめる、日本のファミレスのような場が欲しいと思ったんですよ」。

昨秋のオープン当初は、ハンバーグやオムライス、寿司など日本のファミレスの定番メニューを揃えていた。

「実際やってみると、このエリアに住むお客さんの嗜好に合わないものがあって…。カツ丼とか人気のメニューは残しつつ、少しずつベトナム料理も加えたりして改良していきました」。

地域の暮らしに溶け込んだ同店には、次第に常連客も増えてきた。

「通学前に朝食を食べに来る学生たち。昼食をとる近隣の労働者。放課後は子どもたちがアイスやパンケーキを食べ、夜は家族みんなで食事に来てくれる。いろいろな使い方ができるのがファミレスの強みですから」。

環境に合わせてしなやかに変わり続けるこの店は、夫妻のこだわりに支えられている。それは「お客様あってのお店だというおもてなしの心」と「味へのこだわり」だ。

「例えばラーメンは昆布と煮干しをベースに、脂身の少ない鶏胸肉からさらに丁寧に脂を取り除き、やさしい味に仕上げています」。

そう語る仲佐さんが手際よく仕上げたラーメンを一口いただく。滋味深い味わいの透き通ったスープ、もっちりとした食感の手打ち麺、丁寧に手作りされたシナチクや、旨味がじゅわりとしみ出す煮卵。そのクオリティの高さに驚く取材陣を前に、自身は実にひょうひょうとした表情で「手間はかかりますけど、レストランですから美味しさにこだわるのは当然ですよね」。

これほどのものを2万8000VND(2013年7月現在)で提供しているのだから、愛されないはずがない。

「まあ、やってみないとわからないですからね、何でも」と軽やかな笑顔を見せる仲佐さん。進化を続けるこの店は、その名にこめた願い通り、地域の誰もがくつろげる「『桃』源郷」になろうとしている。

仲佐 明人 なかさ あきひと
日本の大手ファミレスチェーン店で23年勤めたのち、妻の母国であるベトナムへ。2012年11月、ホーチミン市8区に「モモズ/MoMo’s」(D. E Zone, Ground FL., D1 Apartment Buld., Phu Loi Residental Area, Ward 7, Dist. 8)を開店。その地に合ったファミレスを提案している。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの日本人/鈴木麻美/イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー ベトナムの日本人
鈴木麻美
イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー

イラストマップで伝えるハノイの魅力 楽しく“はっぴー”な気分になってほしい 自分の好きな場所で好きなことを ハノイで立ち…

ベトナムの日本人/鈴木トミコさん/刺しゅうバッグデザイナー ベトナムの日本人
鈴木トミコさん
刺しゅうバッグデザイナー

ベトナムで作るオリジナルの刺しゅうバッグ 自分のデザインが形になるのが楽しい あのときズボンが破れていなければ 今ベトナ…

ベトナムの日本人/吉田綾華さん/アーニャットコスメ代表 ベトナムの日本人
吉田綾華さん
アーニャットコスメ代表

自らプロデュースした化粧品を販売 活気ある環境づくり、雇用創出など社会貢献に繋げたい ベトナムへ呼ばれるように就職 何か…

ベトナムの日本人/Asako/ヨガインストラクター ベトナムの日本人
Asako
ヨガインストラクター

自分が好きなヨガで喜んでもらえる快感 外国だからこそ、日本語のヨガ教室を ヨガで頭を使ってはナンセンス だからこそ日本語…

ベトナムの日本人/山本真由/銭湯はノ湯・マネージャー ベトナムの日本人
山本真由
銭湯はノ湯・マネージャー

ベトナムで取り戻せた本当の自分 過去の経験を活かし、仕事も家庭も両立できるママを目指す 日本で挫折を繰り返すも 無駄には…

ベトナムの日本人/成田樹紀/カルダモン店主・商品企画開発者 ベトナムの日本人
成田樹紀
カルダモン店主・商品企画開発者

食の提供だけではなく、問題解決をしたい ランチを通して、新しいライフスタイルの提案を “持ち前の感性”で始めたカレー屋 …

ベトナムの日本人/桑原伸一郎/ベトナム水泳 ナショナルチームコーチ ベトナムの日本人
桑原伸一郎
ベトナム水泳 ナショナルチームコーチ

頭を使えば、タイムを上げられる 鍛えるだけではない水泳スタイルをベトナムに 強くなるために分析、研究 “頭を使う”、それ…

ベトナムの日本人/長谷川舞さん/管理栄養士 ベトナムの日本人
長谷川舞さん
管理栄養士

食を通じて、健康や未来、幸せをたくさん提供したい そのために、今自分にできることをコツコツと 急速に発展していくベトナム…

ベトナムの日本人/中谷茜理/YouTubeチャンネル『aNcari room』運営 ベトナムの日本人
中谷茜理
YouTubeチャンネル『aNcari room』運営

ベトナム語で自分の言葉を世界中に発信 一歩足を踏み出したら、新しい景色が見えてきた! 始まりはベトナム人の 親友との出会…

ベトナムの日本人/月嶋カリンさん/歌手 ベトナムの日本人
月嶋カリンさん
歌手

相棒のピアニストと出会い、自分の「音楽」が変わった 歌に愛される歌手になり、心に寄り添える音楽を届けたい 衝撃的な日々の…

ベトナムの日本人/安蔵彩香さん、寿苗さん/ハノイインターナショナル スクール 12 年生 ベトナムの日本人
安蔵彩香さん、寿苗さん
ハノイインターナショナル スクール 12 年生

外国にいるからこそ、母国語の大切さを忘れずに。 母子の二人三脚で言語の壁を越えて大学進学 「勉強しろって強くは言われず、…

ベトナムの日本人/榎本俊明さん/ラーメンエノ店主 ベトナムの日本人
榎本俊明さん
ラーメンエノ店主

店を支えてくれる熱狂的な“エノファン”とともに もっと温かく、息の長いラーメン店を目指して ホーチミン市10区に店を構え…

ベトナムの日本人/竹野和浩さん/ケイテンベトナム社長 ベトナムの日本人
竹野和浩さん
ケイテンベトナム社長

技術も自転車も“本物”を知ってもらいたい Uターンを知らない自転車乗りの、ベトナムでの挑戦 高校・大学と本格的に自転車競…

ベトナムの日本人/石橋英晴さん/ソムリエ&「レッドエプロン」  コーポレートマネージャー ベトナムの日本人
石橋英晴さん
ソムリエ&「レッドエプロン」 コーポレートマネージャー

変化するベトナムでのワイン事情を見つめ続ける 原動力は“お客様に喜んでもらいたい” 「私が初めてベトナムに来た2005年…

ベトナムの日本人/小田ならさん/京都大学特任研究員 ベトナムの日本人
小田ならさん
京都大学特任研究員

西洋医学が発展してもなお、ベトナムに根付く伝統医学。 時代とともに変化する様を楽しく追いかけていきたい 「苦しい状況に立…

ベトナムの日本人/和島祐生さん/株式会社ベーホーワークス/CEO・共同創立者 ベトナムの日本人
和島祐生さん
株式会社ベーホーワークス
CEO・共同創立者

「やりたい」だけで終わらせるのは“不健康” 起業もイベントも、おもしろそうなことは、どんどんやりたい 弱冠27歳にしてベ…

ベトナムの日本人/宇佐美淳さん/『ベトナムフットボール/ダイジェスト』編集長 ベトナムの日本人
宇佐美淳さん
『ベトナムフットボール
ダイジェスト』編集長

かつてJリーグに熱狂した少年が今、夢を託す先。 日本人としてベトナムサッカーの発展に貢献したい 日本人にはまだなじみの薄…

ベトナムの日本人/藪下成仁さん/バリア・ヴンタウ省人民委員会/ジャパンデスク事務局 ベトナムの日本人
藪下成仁さん
バリア・ヴンタウ省人民委員会
ジャパンデスク事務局

ベトナム政府側に立ち、日本との架け橋に。 ヴンタウで培った経験をさらなる飛躍へと繋げたい ベトナム南部有数の観光地バリア…

ベトナムの日本人/高山徹さん/ブラジリアン柔術師範 ベトナムの日本人
高山徹さん
ブラジリアン柔術師範

道着1つあれば、世界中どこへ行っても友達になれる。 ブラジリアン柔術の波がベトナムに広がることを願って ハノイ中心部の、…

ベトナムの日本人/村山康文さん/フォトジャーナリスト ベトナムの日本人
村山康文さん
フォトジャーナリスト

文洋さんが教えてくれた「責任」 人生を背負う覚悟で、取材相手と向き合い続けたい 「文洋さんの背中をね、ずっと見てたいと思…