ベトナムスケッチ > ベトナム北部 > ハイフォン > ハイフォン通信 > ...

1周たったの1kmほど。箱庭のようなホンザウ島

タグ:,
カテゴリ:ハイフォン通信
更新:2013/06/18 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!
haiphong
ハイフォンから車で約30分のビーチリゾート、ドーソン(Do Son)。その沖合いに浮かぶのがホンザウ(Hon Dau)島だ。外周が1kmほどの小さな島だが住人もおり、祠や灯台など観光ポイントも備えている。機会があれば、訪ねてみて。
doson

原生林散歩で、マイナスイオンを補給

ホンザウ島 Dao Hon Dau

2013年5月5日(日)現在、島への定期船はないので、観光エリア「ホンザウリゾート」の船着場に停泊するボートと個別交渉が必要。船会社や時期により料金が変わるが、小さなボート1艘に付き往復80万VND(約3850円)前後~。灯台までは、原生林で覆われた坂道を、木漏れ日に包まれながらの散策となる。

1

(上)桟橋もミニサイズ。地元の人がよく釣りをしている (下)ベトナム自然遺産の指定を受けているガジュマルの木

料金:(入島料)6000VND(約30円)
問い合わせ:東北部航海安全保障事業部 / Xi Nghiep Bao Dam An Toan Hang Hai Dong Bac Bo
電話:(031) 383 7054
Hon Dau Resort
住所:Khu 3, Van Huong St., Do Son Dist.
電話:(031) 386 4939
営業時間:24時間
www.hondauresort.com

100年以上の時を経たクラシックなたたずまい

ホンザウ灯台 Den Bien Hon Dau

小さな島の高台に建つ灯台は、まさに海のランドマーク。桟橋からの1本道を登ると、迷うことなく着く。

1892年、フランスによって設計・着工され、1896年に完成。島の標高も併せた67mの高さから、周囲40kmを照らしていたが、現在は現役を退いている。

木製の階段を昇りきった、展望テラスからは、ドーソン湾を広々と見渡せる。入口には、往時の巨大なガラス製ライトを展示。内部には古い照明器具や、戦時中の通信機器なども置かれている。

2

(上)古い映画に登場しそうな、ノスタルジー漂う外観(下)かつて海を照らしたガラス製のライト

もしかしてチャン将軍? を祀る

ナムハーイタンヴオン祠 Den Nam Hai Than Vuong

桟橋の横手にあるこの祠には、とある伝説が残されている。

13世紀、ベトナムを中国から護ったチャン・フン・ダオ(Tran Hung Dao)将軍の軍服をまとった遺体が、島の漁師によって浜へ引き上げられた。本物の将軍かどうかわからなかったため、そのまま一晩安置したところ、周囲にシロアリが大きな墓穴を掘ってしまった。慌てて島民たちが建てたのがこの祠だという。

今では、出漁前の地元漁師たちが、漁の無事を祈りにやってくる。旧暦の2月8日には島をあげて祭りが開催され、多くの人でにぎわう。

3

小さな島のわりに祠の敷地面積が広い。参道には路上売店があるので、船が出るまで休憩しよう

COLUMN : ホンザウ島の日本人

❶ホンザウ島は、林芙美子の小説『浮雲』(1951年発行)に登場する。ヒロインは1943年、ベトナムで働いていたという設定だ。

「ドウソン湾の紅黄ろい海の色が、なつかしく瞼に浮ぶ。ドウソンの岬の、白い灯台や、ホンドウ島(注:ホンザウ島のこと)のこんもりとした緑も、生涯見る事はないだろうと、ゆき子は、船から焼きつくやうに、この景色に眼をとめてはゐた(後略)」。

当時のホンザウ島は、日本人が訪れてもおかしくない場所だったことが察せられる。

❷1950年頃には、島に工藤(ひさし)さん(故人)という日本人が住んでいた。日本の仏印進駐時代、ホーチミン市にあった日本人のための専門学校「南洋学院」を卒業し、仏印軍に参加。除隊後、帰国せずにホンザウ島へ渡り、灯台守を務めたという。南洋学院の同窓生だった亀山哲三氏の著書『南洋学院』(芙蓉書房出版、1996年)に、彼についての記述がある。かつて、この美しい灯台を日本人が守っていたと知ると、より感慨深いものを感じる。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

【ハイフォン】ハイフォンの「バイン」を食べつくそう ! 【ハイフォン】ハイフォンの「バイン」を食べつくそう !

小麦粉や米粉を使ったハイフォンの「バイン/Banh」というと、蟹入り平麺「バインダークア/Banh Da Cua」やステ…

【ハイフォン】コロニアル建築の代表格、/市民劇場の内部に潜入! 【ハイフォン】コロニアル建築の代表格、
市民劇場の内部に潜入!

ハノイ、ホーチミン市と並び、フランス統治時代にベトナム国内に建てられた3つのオペラハウスの1つ。風格漂う姿を眺めるだけで…

乙女心をくすぐるハイフォン半日トリップ 乙女心をくすぐるハイフォン半日トリップ

2015年3月8日(日)は「国際婦人デー」。ハノイから日帰りでも行けるハイフォンは、洋風建築が点在し、交通量も多くないの…

ローカルテイスト満載!タムバック市場探訪 ローカルテイスト満載!タムバック市場探訪

幅広く商品を取りそろえるハイフォン最大のタムバック市場(Cho Tam Bac)。市場の人は、観光客馴れしておらず、「ど…

ハイフォンのちょっと気になる個性派カフェ ハイフォンのちょっと気になる個性派カフェ

ハノイやホーチミン市のように数は多くはないけれど、ハイフォンにもそれぞれ工夫を凝らして訪れた人々を楽しませてくれるカフェ…

改装されたハイフォン博物館へ行ってみよう 改装されたハイフォン博物館へ行ってみよう

テーマ別に12の展示室に分かれているハイフォン博物館。1階は古代、2階は1945年以降~近代までの計約2万点が収蔵されて…

チャン・フン・ダオ伝説を追え! チャン・フン・ダオ伝説を追え!

日本で元寇があった後の1288年、元軍はベトナムへ攻め込んだ。この時、敵を撃退したのが軍師チャン・フン・ダオ(Tran …

港湾都市ハイフォン・お魚生活 港湾都市ハイフォン・お魚生活

ハイフォンには新鮮な魚介類がいっぱい。発砲スチロール箱や氷を売ってくれる魚屋もあるので、旅行者も買物OKだ。当地で人気の…

海蟹入りバインダードー 海蟹入りバインダードー

ハイフォンを代表する料理といえば「バインダードークア/Banh Da Do Cua」。茶色い平麺を淡水に棲む田ガニのスー…

市民劇場だけじゃない!/様々な様式を楽しめる建築散歩 市民劇場だけじゃない!
様々な様式を楽しめる建築散歩

ハイフォンでのコロニアル建築見学なら、フランス植民地時代の繁華街だったディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通…

ご当地グルメから全国区へ ご当地グルメから全国区へ

ハイフォン以外の地域では「ハイフォン風バインミー/Banh Mi Hai Phong」とよばれる「小枝バインミー/Ban…

街が赤く燃え上がる火炎樹シーズンは5月 街が赤く燃え上がる火炎樹シーズンは5月

「鳳凰/Phuong」の「花/Hoa」の名をもつ火炎樹。5月から6月にかけてハイフォンの街は、この花の赤で染まる。ベトナ…