ベトナムスケッチ > ベトナム中部 > ダナン > ダナン通信 > ...

世界一のドラゴンブリッジがダナンに誕生!

タグ:,
カテゴリ:ダナン通信
更新:2013/06/18 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!
danangPress
ダナン解放記念日の2013年3月29日(金)、ドラゴン型の鋼橋としては世界最大となるロン(Rong/龍)橋が開通した。ギネス世界記録を申請中のこの橋、なんと週末には火や水を噴くのだ!早くもダナンの新名所として人気急上昇中のロン橋を徹底解剖する。
CauRon001

よくよく見ると、ロン橋の眼は…

ロン橋展望スペース Dai Quan Sat Cau Rong

まずはロン橋を近くでじっくり見てみよう。龍の頭側の歩道には、そのための展望スペースがあり、記念撮影にぴったりだ。

間近から見る龍の頭は迫力満点。よく見てみると気づくのは、龍の目がハート型?!設計者のイタズラ心から意図的にこの形にしたのか、偶然なのかは不明だが、龍の表情はどことなくユーモラスだ。

1

(上)ロン橋は駐停車禁止。しかも交通量がかなり多いため、路上に出て写真を撮るのは大変危険!(下)目にはキュートなハート型

ロン橋/Cau Rong
住所:Nguyen Van Linh St., Hai Chau Dist.
火・水を噴く時間:毎週土・日曜20:45 ~ 21:15
全長666m、高さ37.5m、重さ9000t、
総工費1700億VND(約8億1730万円)

龍の全貌を堪能するには

チャンフンダオ通り空地 Bai Dat Trong Duong Tran Hung Dao

ロン橋はとにかく長い!龍の全身を見るには、橋からかなり離れる必要がある。同時に開通したチャンティリー(Tran Thi Ly)橋や、ロン橋の完成までダナンの象徴だったソンハン(Song Han) 橋からなら真横から眺められるが、若干遠い。市街地側からだと後ろ姿になるので、チャンフンダオ通りの「ダナンラジオ・テレビ放送局/Dai Phat Thanh – Truyen Hinh Da Nang」の向かいに広がる空地から眺めるのがベスト。

2

クネクネと泳ぐ姿の龍は、橋の上の背中だけではない。橋の下をのぞくとお腹がちゃんとあり、繋がっているのが見える

Bai Dat Trong Duong Tran Hung Dao
住所:Tran Hung Dao St., Son Tra Dist.

なんとしても見たい!週末に火を吐く龍

リヴァーサイドホテル、他 Danang Riverside Hotel

おすすめポイントは、ロン橋横の路上喫茶。火や水を噴く時間は見物人で混み合うので、早めに席を確保しよう。席があっても人垣ができるので、立って見ることになるが…。

ゆったり見るならホテルの部屋から。「ダナンリヴァーサイドホテル」のリヴァービュールームならよく見える。噴く時間は20時45分~21時15分とかなりアバウトな設定なので、早めに食事を終えて、部屋で寛ぎながら待つのが良さそうだ。

3

(上)火を噴く龍は迫力満点 (下)ハン川沿いにそびえ立つ「ダナンリヴァーサイドホテル」

Danang Riverside Hotel
住所:A30 Tran Hung Dao St., Son Tra Dist
電話:(0511) 394 6666
http://danangriversidehotel.com.vn

COLUMN : ロン橋を巡る3つの噂

新名所には様々な噂がある。代表的な3つの噂を紹介。

1.龍の頭が東の海を望んでいる理由は2つ。風水的に良いことと、海からの侵入者を火を噴いて守るため。龍は水も噴くが、こちらは人びとに潤いを与えるためだとか。

2.同時に開通したチャンティリー橋も、龍の形にする案があった。しかし、風水的に2つの龍が良くないことと、チャンティリー橋の方が長いので、ロン橋が世界一になれないから、といった理由で中止されたという。

3.設計上は、龍の頭はもっと高かったが、あまりの重さに強度的に耐えられず、やむなく10cmほど低くした(らしい)。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

【ダナン】さらば山羊年!/山羊料理で2015年に別れを告げる 【ダナン】さらば山羊年!
山羊料理で2015年に別れを告げる

2015年、日本ではヒツジ年だったこの1年はベトナムではヤギ年。そしてヤギは、ベトナム中部の特産品のひとつ。年末は今年1…

【ダナン】乾季の終わりはアイスで締める! 【ダナン】乾季の終わりはアイスで締める!

うっとうしい雨季が目の前に迫りくる今日この頃。暑いうちにアイスを楽しめるのは今がギリギリ最後のチャンス。ダナンらしく南国…

【ダナン】辛さで暑さを吹っ飛ばせ!/5ヶ国対抗、夏の激辛選手権 【ダナン】辛さで暑さを吹っ飛ばせ!
5ヶ国対抗、夏の激辛選手権

暑い夏、食欲も落ちて夏バテ気味の人も多いだろう。そんな時は舌が痺れるほど辛い料理が食欲を増進してくれる。というわけで、ダ…

【ダナン】ルーフトップバーで/満喫するダナンの眺望 【ダナン】ルーフトップバーで
満喫するダナンの眺望

暑い日が続くダナン。この時期は、ホテルのルーフトップバーで涼しい風に吹かれながら、優雅に景色を眺めてみるのはいかが。真っ…

【ダナン】たまには健康に気を使ったもの/を摂取しよう! 【ダナン】たまには健康に気を使ったもの
を摂取しよう!

猛暑の季節は、日頃の体調管理が試される。体調を崩さないように、体の中から健康を整えておきたいもの。今月は野菜や無加糖にこ…

【ダナン】ソンチャー半島の隠れ観光スポットへご招待 【ダナン】ソンチャー半島の隠れ観光スポットへご招待

野生のサルが生息することから「モンキーマウンテン」とも呼ばれるソンチャー(Son Tra)半島。そんな半島には、有名なリ…

話題の総合レジャー施設/「へリオセンター」を攻略せよ 話題の総合レジャー施設
「へリオセンター」を攻略せよ

今、ダナンでは2015年2月にオープンした総合レジャー施設「へリオセンター」が注目を集めている。暑い季節は館内で、大人も…

ダナンに来たら買って帰りたいおいしいお土産 ダナンに来たら買って帰りたいおいしいお土産

ダナンに来たらお土産には何を買って帰ろう? そんな悩みをお持ちの人も多いはず。せっかくだから、現地の味を届けてみるのはい…

ダナンに来たら連れて行きたい飲食店 ダナンに来たら連れて行きたい飲食店

2014年より、日本からダナンへの直行便が就航し、家族や友人が遊びに来る機会も増えた在住者も多いだろう。そこで今回は、日…

ダナン庶民の味方!お役立ち市場を巡ってみよう! ダナン庶民の味方!お役立ち市場を巡ってみよう!

外資系の大型店など、スーパーマーケットが増えたダナンだが、やっぱり庶民の買い物の中心は今でも市場だ。そこで今回は、特色の…

ダナンは今、静かな日本ブーム! ダナンは今、静かな日本ブーム!

本格的な日本料理店がダナンでも増え、ベトナム人からの人気も急上昇中。ところがそれだけにとどまらず、日本ブームが静かに広が…

ダナンのパワースポット「リンウン寺」から絶景を ダナンのパワースポット「リンウン寺」から絶景を

ダナンのビーチから一際目を引く巨大な白い観音像。誰もが「あれは何?」と気になるポイントの1つで、今や話題の観光地となって…

マニアが薦めるチャム彫刻博物館の鑑賞ポイント マニアが薦めるチャム彫刻博物館の鑑賞ポイント

世界文化遺産ミーソン遺跡(Thanh Dia My Son)を見る前に立ち寄ってほしいのが「チャム彫刻博物館」。そこで、…

ダナン特産を食い尽くせ!難易別シーフード攻略法 ダナン特産を食い尽くせ!難易別シーフード攻略法

シーフードは、どこで食べる? 地元密着型で取材を行うスケッチならではのポイントで、難易度別シーフード攻略法をご紹介! 下…

スプーンで食べるのが地元流の麺料理「バンカン」 スプーンで食べるのが地元流の麺料理「バンカン」

ベトナムの麺といえば、フォー(Pho)と思われがちだが、なんと麺料理なのに箸が出てこないモノが存在する。その名も「バンカ…

外国人&地元の若者に人気のピザ専門店5選 外国人&地元の若者に人気のピザ専門店5選

ここ数年、外国人観光客や在住外国人の増加に伴い、西洋料理店が続々とオープンしているダナン。とくにピザ専門店は出店が増えた…

ホイアンの隠れた名産品、ピリ辛チリソースに注目 ホイアンの隠れた名産品、ピリ辛チリソースに注目

ホイアン名物は鶏飯「コムガー/Com Ga」、ライスペーパーの重ね煎餅「バインダップ/Banh Dap」、麺料理「カオラ…

ダナンっ子に人気のカフェ全5軒 ダナンっ子に人気のカフェ全5軒

ベトナム人はカフェが大好き! いつ何時もコーヒータイムを楽しんでいる人たちを見かける。とくに娯楽の少ないダナンでは、カフ…

ベトナム中部で楽しめる旧正月のおやつたち ベトナム中部で楽しめる旧正月のおやつたち

グエン(Nguyen/阮)朝時代に宮廷料理が発展したこともあり、伝統的な茶菓子の種類が豊富なベトナム中部。普段でも手に入…

グエンヒエンジン・トゥオン劇場で伝統芸能を グエンヒエンジン・トゥオン劇場で伝統芸能を

寒い雨季は、派手なパフォーマンスが楽しいベトナム古典劇「トゥオン」はいかが? Nha Hat Tuong Nguyen …