ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 12月号

タグ:
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2012/12/02 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

ベトナムニュース解説外国投資、
零細プロジェクトを「排除」へ

ダナン市は、投資の質向上などを目的に、外国直接投資(FDI)登録額に関する規定改正を計画投資省に求めた。

このところ同市で登録される外資プロジェクトのほとんどが小規模で、ハイテク分野や裾野産業への投資が少ないためだ。投資額10万US$未満のものが市の外資事業の半数を占め、5000~7000US$という例もある。

少額事業はコンサルティングやIT関連サービスが多く活動効果は低い。ホーチミン市などでも同様のことが起きており、計画投資省も最低投資額の規定を設けることを検討している。

(『Dau Tu』2012年10月10日、p.04)

解説

2007年の世界貿易機関(WTO)加盟以来、外国投資が急増しているベトナムですが、近年「中身のない」大規模投資と小規模投資が問題となっています。

問題の大規模投資は、数十億US$という大金を投じるとして土地を確保、認可を受けながら、何年も事業を展開せず放置したままというもので、不動産関係が多くなっています。

小規模投資では、もともと投資ではなく就職先探しなどが目的で、少額で認可を受けているものがあるようです。

外国人の不法滞在・就労の管理が厳しくなるなか、事業を行なう「投資家」なら、入国や滞在条件(1年のビザ発給、労働許可書の取得不要など)が緩くなるといった理由があるようです。

ベトナムが国として投資を誘致したいのは、例えばハイテクや裾野産業などで、大きな外貨を落とし、雇用を生み、技術移転を進め、国の工業化、持続的な経済発展に有効な事業です。

むろん投資額の大小だけで単純に判断することはできませんが、国にとって有効性の低い「投資」が増えるようなら、外国投資全体として管理が厳しくなる可能性もあります。

薬殺刑導入から1年も運用されず、国会で批判

2011年7月1日(金)に発効した刑事判決執行法が事実上運用されておらず、国民が疑問を持っているとの指摘が国会でなされた。

ある議員は、「現在500人の死刑囚が決定を待っている。1年で80~100人に死刑判決が出るため、少なくとも執行が5年分滞っていることになる。これは社会的に様々な問題をはらみ、法律の厳粛性にも大きな影響がある」と発言。「死刑を執行する薬が確保できない」という最高人民検察院長の発言を引き合いに、運用環境が整わないなかで、法律を採択した性急さを批判した。

(『Lao Dong』2012年11月3日、p.01)

解説

ベトナムは死刑存置国であり、これまでは銃殺により刑が執行されていました。2011年7月1日(金)から薬殺に変更されましたが、薬をベトナムで生産できないため、輸入する必要がありました。しかしこの輸入で問題が出ているようです。

法務大臣によると、輸出国側から薬を死刑執行に使わないという条件が出されており、薬殺刑への使用が分かれば、他の治療薬供給にも影響が出る可能性があると勧告されているようです。

死刑執行ができない状況を解決すべく、多くの国会議員から一時的に銃殺刑を復活させることが提案されています。

無年金老人2000万人、2030年予想

高齢化が進むなか、ベトナムは無年金老人の問題に直面することになる。2012年10月末にハノイで開催された国際セミナーで、国会社会問題委員が指摘した。2013年は無年金の高齢者が900万人程度だが、2030年には約2000万人に上る可能性がある。

同委員によると、現在ベトナムの高齢者の70%は貯蓄財産がなく、毎日の支出に用いる収入源の32%は子ども達の支援によるもの。

(『Phap Luat』2012年10月27日、p.03)

解説

若年人口に注目されることの多いベトナムですが、すでに高齢化社会の入口に立っています。国勢調査によると、総人口に占める65歳以上の割合は1989年の4.7%から2009年は6.6%に拡大しています。

定年退職年齢は男性60歳、女性55歳ですが、労働傷病兵社会福祉省によると、年金を受給できる社会保険加入者は、労働者の約20%にとどまります。

定年後の生活を自分自身で支えられる人は少なく、高齢者の8割が子どもや孫と一緒に生活しているようです。子どもが親の面倒を見る習慣が根強いベトナムでは、親を老人ホームに入れることが親不孝と考えられていることもあるようです。

1人の年金受給者を支える社会保険納付者数も急減しており、1996年に217人で1人の受給者を支えていたものが、2010年は10.7人にまで落ちており、2023年には社会保険収入額と支出額が等しくなると言われています。

情報提供「ベトナム最新情報」
TOHO CO., LTD.
日系進出企業向けのビジネスニュースを週6回配信。開始から13 年、250 社超の企業が定期購読。
www.toho.com

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

水力発電所の放流、 首相が商工業省に調査指示 2016年10月中旬の大雨で発生した北中部における洪水で、人命や財産に大き…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

小学3年から高校までの10年間 第1外国語の学習制度を整備 教育訓練省は来学年度から、小学校3年生~高校3年生を対象にし…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

「ポケモンGO」、 ベトナムでも大ブームに 2016年8月6日(土)、ベトナムでゲーム「ポケモンGO」の配信が始まった。…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ハノイでバイク禁止計画、 「その後」の移動手段は? 2025年に中心部でのバイク利用禁止を検討しているハノイ。早晩やらね…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

大気汚染対策、2020年までの国家行動計画を承認 首相は、2020年までの大気の質管理に関する国家行動計画、2025年ま…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

伝統型小売の優勢続く近代型も2桁成長 市場調査会社カンターワールドパネル(Kantar Worldpanel)の2015…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

「自分は中間層」ベトナムは96% 実際は55%のみ 博報堂生活総合研究所アセアン(HILL ASEAN)によると、ホーチ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ホアンサー諸島での ミサイル部隊展開で中国に抗議 中国がホアンサー(Hoang Sa)諸島で軍用ヘリコプター基地を建設し…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ASEAN経済共同体が 正式発足 2015年12月31日(木)、ASEAN(アセアン)経済共同体(AEC)が発足した。政…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ジャポニカ米の輸出が 100%の伸び ベトナム食糧協会(VFA)によると、2015年のコメ輸出量は推計650万t超で、う…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

2050年までにほぼ全ての 都市廃棄物をエネルギー化 グエン・タン・ズン(Nguyen Tan Dung)首相は、「20…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

TPP発効時にベトナムが得る利益250億USD、 日米から210億USD 2015年11月9日(月)に行われた環太平洋パ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

入国ビザ発給手数料を引き下げ 財務省は、外国人に対するビザの発給手数料について定めた通達157/2015/TT-BTC号…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

南北鉄道の近代化、詳細計画が公表 鉄道局はハノイ駅からサイゴン駅まで1726km、21省市を通過する南北鉄道近代化詳細計…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

VND1%追加切り下げ、変動幅は±3%に 国家銀行は2015年8月19日(水)、ベトナムドンの対米ドル基準レートを1%切…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

新企業法移行「上々の出来」、10日で2900社設立 2015年7月1日(水)の新企業法発効から10日間で、全国で2909…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

外国人との結婚はほとんど金銭目的、南部の女性が圧倒 法務省によると、2011~2014年に全国で5万人が、外国人・在外ベ…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 7月号

鉄・プラ・紙廃材の原料輸入に保証金、ゴミ排出源では分別 廃棄物・廃材の管理に関する新政令38/2015/ND-CP号によ…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 6月号

年間0.8冊――読書が嫌いなベトナム人 文化スポーツ観光省の統計によると、1人のベトナム人が1年間に読む本は0.8冊。多…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 5月号

ハノイ街路樹「大伐採」を中止、 市民の猛反対受け ハノイ市人民委員長は2015年3月20日(金)、進めていた6700本の…