ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > 男のローカルひとり飯 > ...

第8回 コムガーの
隠れた旨みをつかまえろ!

タグ:,
カテゴリ:男のローカルひとり飯
更新:2012/06/11 – 11:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

コムガー(Com Ga/鶏飯)
男のローカルひとり飯最近のインフレもあり、コムガー(Com Ga/鶏飯)は高級だ。ホーチミン市5区のこの店でさえ、シンプルな(かつ、かなり少量の)コムガーが、4万5000VND(約180円)である。

コムガーの鶏肉には揚げるタイプなどもあるが、こちらは蒸したタイプ。その鶏肉がコム(ご飯)にのせられたものが店名と同じ「東源鶏飯」という名称で、まさに看板商品だ。

まずは、鶏肉を一口頂くと、鶏肉にありがちなパサパサ感はなく、肉汁を中に蓄えたしっとりとした食感で、素晴らしい。「職人技の火入れですな」、などとつぶやきながら食べ進む。

鶏肉の味付け自体は、かなり薄味で少々物足りなく思っていたが、添えられた甘辛いタレをつけた途端、鶏肉が一気に覚醒。タレの中のショウガの香りが鶏肉のレベルを上の次元に押し上げる。卓上の白胡椒をかけると、さらに香りが増幅。「黒胡椒じゃこの相性は生まれないのだよ君、わかってるかね」と、またも独りでつぶやく。

鶏のダシで炊き込まれたコムはかなり薄味で、これまた最初はインパクトに欠けるかと思いきや、今度は白胡椒に加えて海塩を少々かけた途端、味わいが持ち上がる。海水をそのまま煮詰めたような強い塩気をもつ塩だけに、かけすぎは禁物。コムの旨みを引き出す、ぎりぎりの量が肝心なのだ。

鶏肉にしてもコムにしても、奥の方に確実に存在している旨みをいかにつかまえるか、食べ手にも熟練が要求される店と言えよう。

本日のひとり飯
東源鶏飯
89-91 Chau Van Lien St., Ward 14, Dist. 5, HCMC
・「東源鶏飯/Com Ga Dong Nguyen」4万5000VND(約180円)

井之原 四郎
孤高のフーディーを自称するフードライター。食べ物である限り、食べられない物がないのが自慢。美味い料理を食べているときは自分だけの世界に入り込んでしまい、時には涙を流すことも。酒にも目がない。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

男のローカルひとり飯/最終回 南蛮渡来 男のローカルひとり飯
最終回 南蛮渡来

本稿が最終回。通が最後の一食として選ぶのは、5万VND(約250円)の枠を度外視したこの1杯だ。冷房もないローカル店で、…

男のローカルひとり飯/第31回 オイスィカオ! 男のローカルひとり飯
第31回 オイスィカオ!

本当に使えるの? と疑問を抱かざるを得ない、大小様々の錆びた金具が大量に売られている店舗街を抜けて、辿り着いた水餃子屋。…

男のローカルひとり飯/第30回ブンボーヘマなし 男のローカルひとり飯
第30回ブンボーヘマなし

ホーチミン市におそらく1人くらいしかいないのではないかという、本物の日本人ブンボーフエマニアから紹介があったのがこちらの…

男のローカルひとり飯/第29回 アットホーム 男のローカルひとり飯
第29回 アットホーム

隠れ家レストランという言葉がある。大体、意外性のある場所に店がある場合を指すが、本稿で紹介する店はそのような概念とは完全…

男のローカルひとり飯/第28回 ある日の春雨 男のローカルひとり飯
第28回 ある日の春雨

アヒル肉の春雨が頂ける店を発見。店というより完全に自宅の居間といった佇まいの店内だ。店の奥には店主のお父さんと思われる爺…

男のローカルひとり飯/第27回 蟹食うわ 男のローカルひとり飯
第27回 蟹食うわ

蟹を食べると言っても、蟹そのものはこの地でも高い。予算内でいただけるのは、蟹ダシのスープで食べるハイフォン名物の麺料理「…

男のローカルひとり飯/第26回 ミーごいすー 男のローカルひとり飯
第26回 ミーごいすー

本日は路上青空風呂椅子系の店に訪問。こちらではミーゴイ(即席麺)のミーサオ(炒め麺)が頂ける。この国では予め茹でておいた…

男のローカルひとり飯/第25回 香りブンブンマム 男のローカルひとり飯
第25回 香りブンブンマム

カンボジア国境の町チャウドック(Chau Doc)の名物「ブンマム/Bun Mam」 。通常は比較的廉価だが、運ばれて来…

男のローカルひとり飯/第24回 カオラウラヴ、健康な麺の皿だ 男のローカルひとり飯
第24回 カオラウラヴ、健康な麺の皿だ

日本のうどんがルーツだという「カオラウ」を頂く。店内はしっかりした木のテーブルが並べられた清潔空間で、冷房付き。いつもよ…

男のローカルひとり飯/第23回 具ダックサン! 男のローカルひとり飯
第23回 具ダックサン!

入店してすぐ、その店のスペシャリティー(Dac San)を注文したところ、出てきたのはこちらの具沢山の高級麺料理(4万7…

男のローカルひとり飯/第22回 ギブミーワンタン 男のローカルひとり飯
第22回 ギブミーワンタン

「人でごった返すワンタン麺屋があるから、ぜひ確認しに行ってくれ」との指令が。訪ねてみると触れ込みは本当だった。18時頃に…

男のローカルひとり飯/第21回 おかん、ブン! 男のローカルひとり飯
第21回 おかん、ブン!

うまいとの評判を聞けば、9区までえっちらおっちら。外国人など全く見かけないドローカルな街並みの更なる小道にお目当ての店を…

男のローカルひとり飯/第20回 コムかきこむ 男のローカルひとり飯
第20回 コムかきこむ

無性に腹が減って、コム(Com / ご飯)を食べたいと思う時がある。食欲に身を委ねて。そんな時は間違いなく、ベトナムの大…

男のローカルひとり飯/第19回 フーティウ法 男のローカルひとり飯
第19回 フーティウ法

フーティウの名店は幾つかあるが、どれも高く、5万VND(約230 円)を超える店もざらに見かける。そんな中、路地裏に位置…

男のローカルひとり飯/第18 回 無名の名店で 脱帽のブンボーを 男のローカルひとり飯
第18 回 無名の名店で 脱帽のブンボーを

名店や良店と言われるのは、いずれも人気店で、混雑しているのが通常だ。ところが、いつでも例外が存在する。ホーチミン市でも有…

男のローカルひとり飯/第17 回 ブンチャー・気分チャチャ♪ 男のローカルひとり飯
第17 回 ブンチャー・気分チャチャ♪

街を歩いていて、豚の炭焼きの香りをかぐと、一気に気分が盛り上がり、つい入店してしまうのがブンチャーの店だ。 このブンチャ…

男のローカルひとり飯/第16 回 フォーリンラブ 男のローカルひとり飯
第16 回 フォーリンラブ

ハノイに行く機会もある。当然目的は美味いローカルフード探し、ではなく仕事だが、店選びについて決して妥協を許さないのが通と…

男のローカルひとり飯/第15 回 ヴェジタイズ・ミー 男のローカルひとり飯
第15 回 ヴェジタイズ・ミー

「ティブ」といえば、ホーチミン市のアッパーベトナミーズ店の中でも最高峰に君臨する名店。おいそれと自腹で行ける店ではない。…

男のローカルひとり飯/第14 回 親父のボーコー 男のローカルひとり飯
第14 回 親父のボーコー

親父のボーコーと言っても、物騒な話ではない。「おふくろのコム」の回で紹介した店舗のおやじさんが、朝は麺料理を出しているの…

男のローカルひとり飯/第13 回 餅モチもっちもち/ソイマン 男のローカルひとり飯
第13 回 餅モチもっちもち
ソイマン

日本人は本当に「もちもちした食感」というものが好きだと思う。もちもちの生パスタ、もちもちのパン、もちもちのうどん、もちも…