ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > 連載終了 > ベトナムビジネス > ...

第29回 解雇について

タグ:
カテゴリ:ベトナムビジネス
更新:2012/05/10 – 07:55

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

ベトナムビジネス被雇用者を解雇できるケース

お問い合わせの多い、被雇用者の解雇について解説します。ベトナムの労働法では、雇用者が一方的に労働契約を終了できる場合を、労働法第38条で下記の通り規定しています。

  1. 被雇用者が、契約で規定された業務を繰り返し履行しない
  2. 労働法に基づく解雇措置
  3. 被雇用者が疾病し、無期限契約の場合には連続12ヶ月、12ヶ月~36ヶ月の契約は連続6ヶ月以上、12ヶ月未満の契約では、期間の半分以上を過ぎても、回復が見込めない
  4. 天災や災害
  5. 企業等の活動停止

労働法に基づく解雇措置とは

上記②について、ベトナムの労働法では以下の者は解雇が可能です。

  1. 窃盗、横領、技術・経営上の機密漏洩など、雇用者の資産、利益に重大な損失をもたらす行為を行った者
  2. 賃金の据置き、減給を伴う配置転換処分の期間中に、違反行為を重ねた者。降格処分を受けながら、再度違反を行った者
  3. 1ヶ月に計5日間、または1年に計20日間、正当な理由なく欠勤した者

なお、雇用者が被雇用者を解雇するためには、その行為が解雇事由に相当することを立証する必要があります。前述の2および3は立証が比較的容易と考えますが、問題は1です。業者からリベートを得ているなどの伝聞・推測では解雇はできず、きちんとした証拠が必要です。

また、勤務時間外において、被雇用者が交通事故、傷害などの事件を起こした場合も、どのように「雇用者の資産や利益に重大な損失をもたらす」かを、立証しなければ解雇できません。事件や事故が新聞などで報じられれば証明も可能でしょうが、そうでない場合は容易ではありません。

解雇の場合には、管轄の労働局への報告義務もあり、手続きも面倒ですので、現実的には被雇用者を諭して自己都合退職させることが、最善の方法であると考えます。

斉藤 雄久 さいとうたかひさ
早稲田大学社会科学部卒業。2008年「AIC VIETNAM CO., LTD.」の設立に参画。
http://aic-vietnam.com

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

最終回 現地進出にあたっての/基本的な注意事項 最終回 現地進出にあたっての
基本的な注意事項

連載の最終回にあたり、特に新規の投資家が気をつけるべき点を、いくつかお伝えします。初の海外進出がベトナムとなる企業も多い…

第28回 外国人の就労に関する/近況について 第28回 外国人の就労に関する
近況について

強化される労働許可書の取得 近年、ベトナムにおける外国人の就労に関して、管理が強化されています。規定では、3ヶ月以上就労…

第27回 飲食店の設立について 第27回 飲食店の設立について

外資への規制の背景 外資による飲食店の経営は、ベトナム人の名義を借りての事業と考える方も多いでしょう。まずは外資に対する…

第26回 商社(流通業)の設立について 第26回 商社(流通業)の設立について

投資証明書の取得は困難多し 流通業は、2009年1月より100%外資に開放されています。かなりの数の日系企業も設立され、…

第25回 駐在員事務所の活動期間の/延長について 第25回 駐在員事務所の活動期間の
延長について

今回は外国企業の駐在員事務所の活動を延長するための手続きについて、簡単に解説します。 活動期間の延長申請に必要な書類 2…

第24回 最低賃金について 第24回 最低賃金について

ベトナムにおける最低賃金は、2006年以降、ほぼ毎年改定されています。2011年は異例なことに1月の引き上げに続いて、8…

第23回 退職金について 第23回 退職金について

ベトナムにおける退職金には、2009年より開始された失業保険制度の影響が生じています。被雇用者の退職時の対応について解説…

第19回労働許可証の取得に関して 第19回労働許可証の取得に関して

ベトナムで長期的に就労する外国人は、労働許可証の取得が義務付けられています。取得しないとビザの発給が困難になるほか、厳し…