ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > 連載終了 > ベトナム株奮闘記 > ...

第9回 思えば、2009年は絶好のチャンスだった…

タグ:
カテゴリ:ベトナム株奮闘記
更新:2012/03/11 – 10:15

ひょんなことからベトナム株の魅力にはまり、単身来越。本業のライター業と趣味のサッカー観戦の合間を縫って、ベトナム株チャートとにらめっこ。果たして結果は吉と出るや、凶と出るや!?

ベトナム株奮闘記前回、ベトナム株が底をつけ、その回復過程でマイナスを解消した話を書きました。2009年4月のことでした。ベトナム株が上昇に転じたら、大きなパワーがあることをわかってもらえたと思います。しかし、問題はそこからだったのです。

当時、私はベトナム株をまったく信用していませんでした。それはそうですよね? スタートしてから半年も下げ続けていたわけですから。

VN指数が400ポイントを超えたあたりで、積極的に買うのをやめました。400ポイントというと一見低そうに見えますが、上昇し始めてから70%も上昇しているわけです。指数でそれだけ上がるということは、個別では数倍になった株もある状況でした。私が「そろそろ下がるか…」と考えても無理からぬ状況だったのです。

しかし、ベトナム株は強かった。10月には500ポイントを一気に突き抜け、少し休んで10月には600ポイントを超えてきました。底からでいうと265%を超える上昇だったのです。

そんなに上がったら、「どれだけの利益が出たの?」って思いますよね?

投資金額に対して、利益はたったの30%でした。はっきり言って下手クソです。自分にがっかりですよ。このとき最低でも2倍にはしたかった。敗因を本気で考える必要が出てきました。

今月の一喜一憂
「銘柄よりもタイミング」とよく言われます。どういう意味でしょう? これは、どんな成長企業の株であっても、買うタイミングを間違えれば儲けることは出来ないということです。例えば、世界金融危機のときには、どんな企業の株も一緒に下がります。

ここ数年のベトナム株は悪い状況にありました。いい企業も悪い企業も一緒に下げていたのです。欧米の経済状況は相変わらず酷いようですが、ベトナム株が同じように下げるとは限りませんよ。そろそろチャンスは来ているようです。注目してください!

脇田 敦 わきたあつし
ラジオNIKKEI株番組の元ディレクター。2008年ハノイへ移住。ライター業のかたわら、ベトナム株を取引。著書に『日本サッカー狂会』(国書刊行会)など。
http://d.hatena.ne.jp/wakita-A

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

最終回 2012年、4年目にして/やっと反撃開始! 最終回 2012年、4年目にして
やっと反撃開始!

私がベトナム株を始めた2008年8月からのことを書いてきたこの連載、最終回でやっと今年まで来ました。 今から見ると、市場…

第11回 2011年後半、今度は/投資再開の時期を迷う。 第11回 2011年後半、今度は
投資再開の時期を迷う。

先月は「インフレが終息するまでベトナム株を買わない」という投資方法について書きました。そして、実際に2011年1月から実…

第10回 ベトナム株の鉄則!/インフレのときは休む 第10回 ベトナム株の鉄則!
インフレのときは休む

前回は2009年の失敗について書きました。VN指数が底値から3倍近く上昇したのに、私は投資金額の30%分しか利益を出せな…

第8回 ベトナム株がV字回復!/2週間でマイナスを解消。 第8回 ベトナム株がV字回復!
2週間でマイナスを解消。

VN指数は、2009年2月24日にバブル崩壊後最安値の235.50ポイントをつけました。そこまで下げた理由は、先月も書い…

第7回/買った途端に下がることもある。 第7回
買った途端に下がることもある。

2008年8月、私はついにベトナム株を買いました。最初に買った株は「鉄は産業の米」の鉄鋼株です。ベトナムの経済発展が続け…

第6回/ベトナムでも鉄は産業の米ですよ。 第6回
ベトナムでも鉄は産業の米ですよ。

インフレの勢いも収まりVN指数が上昇に転じた2008年8月、私はついにベトナム株投資をスタートさせました。それは口座開設…

第5回/すぐにスタートできないのがベトナム株 第5回
すぐにスタートできないのがベトナム株

私が口座開設をしてからすでに丸3年が経過しました。その間に、証券会社の担当者が4人替わっています。最初が男性、次の2人が…

第2回 輝いていたベトナム株。でも、もしかして… 第2回 輝いていたベトナム株。でも、もしかして…

初めてハノイに来た2007年7月、当時のベトナムには大小あわせて100社近い証券会社が乱立しているといわれていました。そ…