ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 3月号

タグ:
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2012/03/07 – 10:38

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

ベトナムニュース解説ベトナムのコーヒー豆の生産、世界の15%

国際コーヒー機関(ICO)の統計によると、2010年のベトナムのコーヒー豆生産量は世界生産量の14.62%を占めた。貿易面では、ベトナムの輸出は世界のコーヒー取引の16.34%を占めている。

コーヒー豆の栽培面積は54万ha、2010~2011年収穫期は生産量、価格ともに「豊作」で、輸出量は前収穫期より約7%増。これに対し、金額は56%増の約27億US$に達している。

(『Cong Thuong』2012年1月19日~2月1日、p.11)

解説

さほど知られていませんが、ベトナムは世界のコーヒー豆生産大国であり、生産・輸出量はブラジルに次いで世界2位となっています。

世界で一般的に栽培されているのはアラビカ種です。これに対しベトナムでの生産はほとんどが、これより味が一段劣るとされるロブスタ種で、これが世界的な知名度の低さの理由なのかもしれません。

ポタポタと、ゆっくり滴が落ちる独特のフィルターで濃く淹れるのがベトナムコーヒーの特徴で、街を歩くと、路上喫茶でコーヒータイムを楽しむベトナム人をあちこちで見かけます。

ところが意外なことに、コーヒーのベトナム国内消費量は1人あたり年0.7kgと少なく、世界トップのフィンランド(11kg)、アジアトップの日本(3.3kg)とは大きな差があるそうです。

辰年ベビー、旧正月に1万人超

保健省によると2012年1月22日夜~28日(旧暦12月29日~1月6日)に、全国で1万3450人の「辰年ベビー」が生まれた。

毎年ベトナムでは120万~130万人の出生があるが、伝統的な考え方から今年は前年より出生が増え、特に男児が多くなると見られている。

(『Phap Luat』2012年1月30日、p.2)

解説

干支に対する考えが根強いベトナムでは、良い干支の年に子どもを生みたいという夫婦が多くいます。龍は力や神聖さ、栄光を象徴するため、辰年の今年は出産が増え、特に男児が増える見通しです。

過去のこういった縁起の良い年としては、2007年の亥年があります。亥年の動物はベトナムでは豚となりますが、この年はなかでも60年に1度の縁起の良い「金豚年」とされ、出産が何かと話題になりました。こういった良い年の暮れには、駆け込みで「産ませて!」と医師に頼み込む人もいるとか。

また辰年の今年は、龍のタトゥーを入れたり、龍の図柄の入った紙幣を集めたりと、龍にちなんだ遊びも一部で流行っているようです。

なかには、飲めば龍のように強くなる……特にあちらの方が、と「龍」の血を飲む男性も。飲み屋でも、「龍」を使った新メニューがあれこれ登場しているそうです。

ではこの「龍」はいったい何かというと、絶滅のおそれのある野生生物を記載した「レッドデータブック」に載っているようなトカゲ、という場合もあるようです。

なお、このような「龍の生き血」について医師は、病気になる可能性があり「口にしないほうがいい」と話しています。

4万5000US$の無申告持ち出し摘発、タンソンニャット空港

ホーチミン市・タンソンニャット(Tan Son Nhat)国際空港の荷物検査場で2012年1月17日(火)、中国・広州に出発する中国人男性の無申告の現金持ち出しが摘発された。

男性は4万5000US$を携行していたが、税関申告しておらず、国家銀行の許可書もなかった。

当局は規定内の5000US$を本人に返却した上で違反調書を作成、4万US$を没収した。違反の証拠物件は、ホーチミン市税関局に移され、規定に沿って処理される。

(『Thanh Nien』2012年1月18日、p.6)

解説

ベトナム出入国時の外貨・ベトナムドンの現金持ち出し・持ち込みは、国家銀行の通達15/2011/TT-NHNN号で規定されています。5000US$以上(それ相当の外貨)、およびベトナムドン(VND)で1500万VND(約5万5760円)以上を持ち出す(持ち込む)場合は、税関申告が必要となります。

以前は7000US$以上でしたが、2011年9月1日(木)から5000US$に引き下げられました。

これまでにも無申告の外貨持ち出し(持ち込み)は多数見つかっており、日本人の違反例が報道されたこともあります。違反は規定に沿って処分され、100万香港ドルを無申告で持ち込んだ悪質なケースでは、現金は没収され、本人には2年の禁固刑が言い渡されています。

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

水力発電所の放流、 首相が商工業省に調査指示 2016年10月中旬の大雨で発生した北中部における洪水で、人命や財産に大き…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

小学3年から高校までの10年間 第1外国語の学習制度を整備 教育訓練省は来学年度から、小学校3年生~高校3年生を対象にし…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

「ポケモンGO」、 ベトナムでも大ブームに 2016年8月6日(土)、ベトナムでゲーム「ポケモンGO」の配信が始まった。…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ハノイでバイク禁止計画、 「その後」の移動手段は? 2025年に中心部でのバイク利用禁止を検討しているハノイ。早晩やらね…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

大気汚染対策、2020年までの国家行動計画を承認 首相は、2020年までの大気の質管理に関する国家行動計画、2025年ま…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

伝統型小売の優勢続く近代型も2桁成長 市場調査会社カンターワールドパネル(Kantar Worldpanel)の2015…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

「自分は中間層」ベトナムは96% 実際は55%のみ 博報堂生活総合研究所アセアン(HILL ASEAN)によると、ホーチ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ホアンサー諸島での ミサイル部隊展開で中国に抗議 中国がホアンサー(Hoang Sa)諸島で軍用ヘリコプター基地を建設し…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ASEAN経済共同体が 正式発足 2015年12月31日(木)、ASEAN(アセアン)経済共同体(AEC)が発足した。政…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ジャポニカ米の輸出が 100%の伸び ベトナム食糧協会(VFA)によると、2015年のコメ輸出量は推計650万t超で、う…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

2050年までにほぼ全ての 都市廃棄物をエネルギー化 グエン・タン・ズン(Nguyen Tan Dung)首相は、「20…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

TPP発効時にベトナムが得る利益250億USD、 日米から210億USD 2015年11月9日(月)に行われた環太平洋パ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

入国ビザ発給手数料を引き下げ 財務省は、外国人に対するビザの発給手数料について定めた通達157/2015/TT-BTC号…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

南北鉄道の近代化、詳細計画が公表 鉄道局はハノイ駅からサイゴン駅まで1726km、21省市を通過する南北鉄道近代化詳細計…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

VND1%追加切り下げ、変動幅は±3%に 国家銀行は2015年8月19日(水)、ベトナムドンの対米ドル基準レートを1%切…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

新企業法移行「上々の出来」、10日で2900社設立 2015年7月1日(水)の新企業法発効から10日間で、全国で2909…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

外国人との結婚はほとんど金銭目的、南部の女性が圧倒 法務省によると、2011~2014年に全国で5万人が、外国人・在外ベ…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 7月号

鉄・プラ・紙廃材の原料輸入に保証金、ゴミ排出源では分別 廃棄物・廃材の管理に関する新政令38/2015/ND-CP号によ…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 6月号

年間0.8冊――読書が嫌いなベトナム人 文化スポーツ観光省の統計によると、1人のベトナム人が1年間に読む本は0.8冊。多…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 5月号

ハノイ街路樹「大伐採」を中止、 市民の猛反対受け ハノイ市人民委員長は2015年3月20日(金)、進めていた6700本の…