ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > 連載終了 > ベトナム株奮闘記 > ...

第7回
買った途端に下がることもある。

タグ:
カテゴリ:ベトナム株奮闘記
更新:2012/01/08 – 08:00

ひょんなことからベトナム株の魅力にはまり、単身来越。本業のライター業と趣味のサッカー観戦の合間を縫って、ベトナム株チャートとにらめっこ。果たして結果は吉と出るや、凶と出るや!?

ベトナム株奮闘記2008年8月、私はついにベトナム株を買いました。最初に買った株は「鉄は産業の米」の鉄鋼株です。ベトナムの経済発展が続けば、この株で私もお金持ちになるはずです。

しかし、そのときのベトナムの経済状況はよくありませんでした。インフレを抑制するために政策金利が14%と引き上げられていたのです。つまり、現在と同じような状況だったわけです。それだけではありません。翌月にはあのリーマンショックが起きたのです。世界的な金融危機が本格化しました。国内状況がよくなかったベトナム株も、当然、影響を受けたわけです。株を買ってから数週間後には、ベトナム株全体が下げ始めました。

結局、2009年の2月まで半年近く下げ続けました。VN指数は300ポイントを割り込み、235ポイント台まで落ち込んだのです。私の買った株も半値以下です。

早い段階で売って現金にしておけばよかったんです。そうすれば相場が回復したときに安く買えたはず。失敗したと思ったらすぐに売ること。これを相場用語で「損切り」と言います。それが出来れば、株で大損することもありません。

このときはベトナム株がどのように動くかよくわかっていませんでした。最初の取引は大失敗でした。

今月の一喜一憂

先月、銀行利子のことを書きましたが、実は証券会社でも利子はもらえるんです。先日、配当をもらいに行ったとき、これまでの取引リストをもらいました。そしたら、毎月「Interest」(利子)という名目でお金が入っていたのです。驚きました。これまで3年分で1000US$近くもありました。私が利用している証券会社では、現在、取引額に応じて毎月0.4%ほどもらえるそうです。最近は株を買っていないので、口座にある現金が利子を生んでいるのだと思います。みなさんのところはどうですか?

脇田 敦 わきたあつし
ラジオNIKKEI株番組の元ディレクター。2008年ハノイへ移住。ライター業のかたわら、ベトナム株を取引。著書に『日本サッカー狂会』(国書刊行会)など。
http://d.hatena.ne.jp/wakita-A

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

最終回 2012年、4年目にして/やっと反撃開始! 最終回 2012年、4年目にして
やっと反撃開始!

私がベトナム株を始めた2008年8月からのことを書いてきたこの連載、最終回でやっと今年まで来ました。 今から見ると、市場…

第11回 2011年後半、今度は/投資再開の時期を迷う。 第11回 2011年後半、今度は
投資再開の時期を迷う。

先月は「インフレが終息するまでベトナム株を買わない」という投資方法について書きました。そして、実際に2011年1月から実…

第10回 ベトナム株の鉄則!/インフレのときは休む 第10回 ベトナム株の鉄則!
インフレのときは休む

前回は2009年の失敗について書きました。VN指数が底値から3倍近く上昇したのに、私は投資金額の30%分しか利益を出せな…

第9回 思えば、2009年は絶好のチャンスだった… 第9回 思えば、2009年は絶好のチャンスだった…

前回、ベトナム株が底をつけ、その回復過程でマイナスを解消した話を書きました。2009年4月のことでした。ベトナム株が上昇…

第8回 ベトナム株がV字回復!/2週間でマイナスを解消。 第8回 ベトナム株がV字回復!
2週間でマイナスを解消。

VN指数は、2009年2月24日にバブル崩壊後最安値の235.50ポイントをつけました。そこまで下げた理由は、先月も書い…

第6回/ベトナムでも鉄は産業の米ですよ。 第6回
ベトナムでも鉄は産業の米ですよ。

インフレの勢いも収まりVN指数が上昇に転じた2008年8月、私はついにベトナム株投資をスタートさせました。それは口座開設…

第5回/すぐにスタートできないのがベトナム株 第5回
すぐにスタートできないのがベトナム株

私が口座開設をしてからすでに丸3年が経過しました。その間に、証券会社の担当者が4人替わっています。最初が男性、次の2人が…

第2回 輝いていたベトナム株。でも、もしかして… 第2回 輝いていたベトナム株。でも、もしかして…

初めてハノイに来た2007年7月、当時のベトナムには大小あわせて100社近い証券会社が乱立しているといわれていました。そ…