ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > 連載終了 > ベトナムビジネス > ...

第25回 駐在員事務所の活動期間の
延長について

タグ:
カテゴリ:ベトナムビジネス
更新:2012/01/07 – 08:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

Biz Vietnam今回は外国企業の駐在員事務所の活動を延長するための手続きについて、簡単に解説します。

活動期間の延長申請に必要な書類

2006年7月25日付けの政令No.72/2006/ND-CP号の第4条3項に基づき、駐在員事務所の活動期限は最長で5年と定められています。

事務所としての活動をそれ以降も継続したいのであれば、設立許可書に記載されている活動期限の30日前までに、新たな許可書を取得するための申請書類を提出する必要があります。その際に要求される書類は下記の通りです(ハノイの場合)。

  1. 延長の申請書
  2. 本社の監査済み決算書、あるいは法人税の納税証明書の公証写し
  3. 延長申請の時点での駐在員事務所の活動報告
  4. 駐在員事務所の設立許可書の公証写し

ただし地域によっては、他の書類(本社の登記簿や、代表者のパスポートの公証写しなど)を要求される事例もありますので、管轄の当局に事前に確認をとってください。

申請書類の提出先

申請書類の提出先は、通常は市や省の人民委員会商工局ですが、ハノイなどでは2011年より、工業団地内にある駐在員事務所の扱いについては、人民委員会の商工局から工業団地輸出加工区管理委員会に、管轄が変更されています。書類の提出から新しい許可書の取得までの日数は、規定では営業日で15日以内となっています。
上記の通り、本件については申請書類の提出期限が定められていますので、手続きについては早めに準備を進めて、余裕をもって行うことをおすすめします。

斉藤 雄久 さいとうたかひさ
AIC VIETNAM CO.,LTD
早稲田大学社会科学部卒業。2008年「AIC VIETNAM CO.,LTD」の設立に参画。
http://aic-vietnam.com

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

最終回 現地進出にあたっての/基本的な注意事項 最終回 現地進出にあたっての
基本的な注意事項

連載の最終回にあたり、特に新規の投資家が気をつけるべき点を、いくつかお伝えします。初の海外進出がベトナムとなる企業も多い…

第29回 解雇について 第29回 解雇について

被雇用者を解雇できるケース お問い合わせの多い、被雇用者の解雇について解説します。ベトナムの労働法では、雇用者が一方的に…

第28回 外国人の就労に関する/近況について 第28回 外国人の就労に関する
近況について

強化される労働許可書の取得 近年、ベトナムにおける外国人の就労に関して、管理が強化されています。規定では、3ヶ月以上就労…

第27回 飲食店の設立について 第27回 飲食店の設立について

外資への規制の背景 外資による飲食店の経営は、ベトナム人の名義を借りての事業と考える方も多いでしょう。まずは外資に対する…

第26回 商社(流通業)の設立について 第26回 商社(流通業)の設立について

投資証明書の取得は困難多し 流通業は、2009年1月より100%外資に開放されています。かなりの数の日系企業も設立され、…

第24回 最低賃金について 第24回 最低賃金について

ベトナムにおける最低賃金は、2006年以降、ほぼ毎年改定されています。2011年は異例なことに1月の引き上げに続いて、8…

第23回 退職金について 第23回 退職金について

ベトナムにおける退職金には、2009年より開始された失業保険制度の影響が生じています。被雇用者の退職時の対応について解説…

第19回労働許可証の取得に関して 第19回労働許可証の取得に関して

ベトナムで長期的に就労する外国人は、労働許可証の取得が義務付けられています。取得しないとビザの発給が困難になるほか、厳し…