ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > 連載終了 > ベトナム株奮闘記 > ...

第6回
ベトナムでも鉄は産業の米ですよ。

タグ:
カテゴリ:ベトナム株奮闘記
更新:2011/12/08 – 09:00

ひょんなことからベトナム株の魅力にはまり、単身来越。本業のライター業と趣味のサッカー観戦の合間を縫って、ベトナム株チャートとにらめっこ。果たして結果は吉と出るや、凶と出るや!?

ベトナム株奮闘記インフレの勢いも収まりVN指数が上昇に転じた2008年8月、私はついにベトナム株投資をスタートさせました。それは口座開設手続きを始めてから3ヶ月後のことでした。

VN指数は前日に500ポイントを超えています。正直、あまりいいタイミングではありませんでした。

当時のベトナムは現在と同じようにインフレで苦しんでいたのです。その年5月の消費者物価指数は前年同月比で25.2%もの上昇となり、政府も金融引締めなど厳しい対応を取っていました。お金の動きを抑制し物価の上昇を抑えたのです。このことは株式市場にも影響を与えます。あまり株価が上がらない状況だったわけです。

でも、それまで3ヶ月も待って、ようやくベトナム株が買えるようになったんですよ。すぐ買いたいに決まっているじゃないですか? 早速、最初に買う株の検討に入りました。

まず「鉄は産業の米」という言葉を思い出しました。1960年代、高度成長時代の日本ではそんな言葉も使われたわけです。ベトナムと日本が同じとは言いませんが、これから鉄道や橋などインフラを整備しなければならない国です。鉄をじゃんじゃん使うのです。そんなベトナムで、鉄鋼株が上がらないわけがないと考えました。さて、結果はどうだったでしょう?

今月の一喜一憂
「儲からないベトナム株より、利子がもらえる銀行預金の方がいいのでは?」とよく聞かれます。現在、銀行預金の上限金利は14%です。簡単に言えば、銀行に1年間100万円預ければ、確実に14万円の利子がもらえるということです。凄いですよね?

でも、少し考えてみてください。現在のベトナムでは年間20%以上の物価上昇があるのです。お金の価値は年々減っているのです。となると、高金利の銀行預金でも得したことにならないわけです。もちろん、株で損するよりはいいですけどね。

脇田 敦 わきたあつし
ラジオNIKKEI株番組の元ディレクター。2008年ハノイへ移住。ライター業のかたわら、ベトナム株を取引。著書に『日本サッカー狂会』(国書刊行会)など。
http://d.hatena.ne.jp/wakita-A

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

最終回 2012年、4年目にして/やっと反撃開始! 最終回 2012年、4年目にして
やっと反撃開始!

私がベトナム株を始めた2008年8月からのことを書いてきたこの連載、最終回でやっと今年まで来ました。 今から見ると、市場…

第11回 2011年後半、今度は/投資再開の時期を迷う。 第11回 2011年後半、今度は
投資再開の時期を迷う。

先月は「インフレが終息するまでベトナム株を買わない」という投資方法について書きました。そして、実際に2011年1月から実…

第10回 ベトナム株の鉄則!/インフレのときは休む 第10回 ベトナム株の鉄則!
インフレのときは休む

前回は2009年の失敗について書きました。VN指数が底値から3倍近く上昇したのに、私は投資金額の30%分しか利益を出せな…

第9回 思えば、2009年は絶好のチャンスだった… 第9回 思えば、2009年は絶好のチャンスだった…

前回、ベトナム株が底をつけ、その回復過程でマイナスを解消した話を書きました。2009年4月のことでした。ベトナム株が上昇…

第8回 ベトナム株がV字回復!/2週間でマイナスを解消。 第8回 ベトナム株がV字回復!
2週間でマイナスを解消。

VN指数は、2009年2月24日にバブル崩壊後最安値の235.50ポイントをつけました。そこまで下げた理由は、先月も書い…

第7回/買った途端に下がることもある。 第7回
買った途端に下がることもある。

2008年8月、私はついにベトナム株を買いました。最初に買った株は「鉄は産業の米」の鉄鋼株です。ベトナムの経済発展が続け…

第5回/すぐにスタートできないのがベトナム株 第5回
すぐにスタートできないのがベトナム株

私が口座開設をしてからすでに丸3年が経過しました。その間に、証券会社の担当者が4人替わっています。最初が男性、次の2人が…

第2回 輝いていたベトナム株。でも、もしかして… 第2回 輝いていたベトナム株。でも、もしかして…

初めてハノイに来た2007年7月、当時のベトナムには大小あわせて100社近い証券会社が乱立しているといわれていました。そ…