ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

宮田 敬一さん
株式会社みちのくホスピタリティカンパニー代表

タグ:
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2011/12/07 – 11:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

宮田 敬一さん/株式会社みちのくホスピタリティカンパニー代表

サンタクロースに扮し、孤児院にプレゼントを届けて10年。
「ボランティアは、無理せず続けていくことが大切」

「ベトナムで働いているということは、この国のお世話になっているということ。恩返しをしないと」。

オフィスやサービスアパートが入居するビル「Vタワー」の代表・宮田敬一さんが、サンタクロースとしてクリスマスに孤児院を訪問するようになったのは、そんな感謝の気持ちからだった。

初来越は2001年。「Vタワー」は当時、勤め先の「みちのく銀行」の融資先で、返済を進めるための出向だった。ビルの知名度を上げるため、パーティーやゴルフコンペなど様々な催しを企画。在留邦人の交流の場として「みちのくゆかりの会」も立ち上げた。

「自分が単身赴任だったので、ひとりでご飯を食べたくなかった、というのもあったんですけどね。会費制なんですが、皆さんにお返しするほどでもない額が毎回余り、年末には100US$ほどになったんです。そこで参加者の同意を得て、孤児院へお菓子を寄付しました。年末だったので、サンタクロースの格好をして」。

その頃のハノイでは、クリスマスがさほど普及しておらず、子どもたちの反応は薄かった。翌年も翌々年も同じように訪問したが、「年に1回、お菓子をくれるおじさん」という程度だったという。5年目は、例年より訪問時期が遅れた。すると孤児院から、サンタクロースが来ない、と子どもたちが心配しているという連絡が入った。
「待っててくれたんだと感激すると同時に、これはもう期待を裏切れないぞと、気の引き締まる思いでした。その年は、『渋滞がひどくて』と言い訳をしながら訪問しました」。

2006年に帰任したが、借入金の完済まで責任を持ちたいと銀行と交渉。再び同ビル代表となってクリスマスまでにハノイへ戻り、孤児院訪問も途切れることなく続けた。

「昔は遠巻きに見ていた子どもたちが、今では到着するなり抱きついてくる。受け入れられているのが伝わってきて嬉しいですね」。

近年はクリスマスが近付くと、子どもたちはサンタクロースに披露するための歌や朗読を練習し、手紙を書いて待っていてくれる。いつしか彼らにとって「宮田サンタクロース」は、年に1度やって来るお父さんのような存在となっていた。

「自分のことを想ってくれている人がいることを、子どもたちに知っていてほしいのです。無理をして大金を集めるのではなく、少ない額でも末永く続けることが大切だと考えています」。

10年目を迎える今年は、経営する日本料理店に招待する。ベトナム国立交響楽団と指揮者・本名徹次さんの協力を得て、生のオーケストラ演奏を聴く機会ももつという。

「ビルの募金箱にいただいた寄付やチャリティーゴルフの収益金などで、孤児院の増築も計画しています。働きながら大学へ進学したい子どもには、職も提供してあげたい。たいしたことはできませんが、1人でも2人でも、子どもたちが幸福になれる手助けをしていきたいです」。

ベトナムの日本人宮田敬一 みやたけいいち
1957年秋田県生まれ。早稲田大学卒業後、「みちのく銀行」へ入行し、2001年にハノイの「Vタワー」へ出向。同年、「みちのくゆかりの会」などで集まったお金で、2ヶ所の孤児院への訪問を始めた。2009年に「株式会社みちのくホスピタリティカンパニー」を設立、ハノイ進出企業のサポートなども行う。日本料理店「おふくろ亭」のオーナーでもある。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの日本人/鈴木麻美/イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー ベトナムの日本人
鈴木麻美
イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー

イラストマップで伝えるハノイの魅力 楽しく“はっぴー”な気分になってほしい 自分の好きな場所で好きなことを ハノイで立ち…

ベトナムの日本人/鈴木トミコさん/刺しゅうバッグデザイナー ベトナムの日本人
鈴木トミコさん
刺しゅうバッグデザイナー

ベトナムで作るオリジナルの刺しゅうバッグ 自分のデザインが形になるのが楽しい あのときズボンが破れていなければ 今ベトナ…

ベトナムの日本人/吉田綾華さん/アーニャットコスメ代表 ベトナムの日本人
吉田綾華さん
アーニャットコスメ代表

自らプロデュースした化粧品を販売 活気ある環境づくり、雇用創出など社会貢献に繋げたい ベトナムへ呼ばれるように就職 何か…

ベトナムの日本人/Asako/ヨガインストラクター ベトナムの日本人
Asako
ヨガインストラクター

自分が好きなヨガで喜んでもらえる快感 外国だからこそ、日本語のヨガ教室を ヨガで頭を使ってはナンセンス だからこそ日本語…

ベトナムの日本人/山本真由/銭湯はノ湯・マネージャー ベトナムの日本人
山本真由
銭湯はノ湯・マネージャー

ベトナムで取り戻せた本当の自分 過去の経験を活かし、仕事も家庭も両立できるママを目指す 日本で挫折を繰り返すも 無駄には…

ベトナムの日本人/成田樹紀/カルダモン店主・商品企画開発者 ベトナムの日本人
成田樹紀
カルダモン店主・商品企画開発者

食の提供だけではなく、問題解決をしたい ランチを通して、新しいライフスタイルの提案を “持ち前の感性”で始めたカレー屋 …

ベトナムの日本人/桑原伸一郎/ベトナム水泳 ナショナルチームコーチ ベトナムの日本人
桑原伸一郎
ベトナム水泳 ナショナルチームコーチ

頭を使えば、タイムを上げられる 鍛えるだけではない水泳スタイルをベトナムに 強くなるために分析、研究 “頭を使う”、それ…

ベトナムの日本人/長谷川舞さん/管理栄養士 ベトナムの日本人
長谷川舞さん
管理栄養士

食を通じて、健康や未来、幸せをたくさん提供したい そのために、今自分にできることをコツコツと 急速に発展していくベトナム…

ベトナムの日本人/中谷茜理/YouTubeチャンネル『aNcari room』運営 ベトナムの日本人
中谷茜理
YouTubeチャンネル『aNcari room』運営

ベトナム語で自分の言葉を世界中に発信 一歩足を踏み出したら、新しい景色が見えてきた! 始まりはベトナム人の 親友との出会…

ベトナムの日本人/月嶋カリンさん/歌手 ベトナムの日本人
月嶋カリンさん
歌手

相棒のピアニストと出会い、自分の「音楽」が変わった 歌に愛される歌手になり、心に寄り添える音楽を届けたい 衝撃的な日々の…

ベトナムの日本人/安蔵彩香さん、寿苗さん/ハノイインターナショナル スクール 12 年生 ベトナムの日本人
安蔵彩香さん、寿苗さん
ハノイインターナショナル スクール 12 年生

外国にいるからこそ、母国語の大切さを忘れずに。 母子の二人三脚で言語の壁を越えて大学進学 「勉強しろって強くは言われず、…

ベトナムの日本人/榎本俊明さん/ラーメンエノ店主 ベトナムの日本人
榎本俊明さん
ラーメンエノ店主

店を支えてくれる熱狂的な“エノファン”とともに もっと温かく、息の長いラーメン店を目指して ホーチミン市10区に店を構え…

ベトナムの日本人/竹野和浩さん/ケイテンベトナム社長 ベトナムの日本人
竹野和浩さん
ケイテンベトナム社長

技術も自転車も“本物”を知ってもらいたい Uターンを知らない自転車乗りの、ベトナムでの挑戦 高校・大学と本格的に自転車競…

ベトナムの日本人/石橋英晴さん/ソムリエ&「レッドエプロン」  コーポレートマネージャー ベトナムの日本人
石橋英晴さん
ソムリエ&「レッドエプロン」 コーポレートマネージャー

変化するベトナムでのワイン事情を見つめ続ける 原動力は“お客様に喜んでもらいたい” 「私が初めてベトナムに来た2005年…

ベトナムの日本人/小田ならさん/京都大学特任研究員 ベトナムの日本人
小田ならさん
京都大学特任研究員

西洋医学が発展してもなお、ベトナムに根付く伝統医学。 時代とともに変化する様を楽しく追いかけていきたい 「苦しい状況に立…

ベトナムの日本人/和島祐生さん/株式会社ベーホーワークス/CEO・共同創立者 ベトナムの日本人
和島祐生さん
株式会社ベーホーワークス
CEO・共同創立者

「やりたい」だけで終わらせるのは“不健康” 起業もイベントも、おもしろそうなことは、どんどんやりたい 弱冠27歳にしてベ…

ベトナムの日本人/宇佐美淳さん/『ベトナムフットボール/ダイジェスト』編集長 ベトナムの日本人
宇佐美淳さん
『ベトナムフットボール
ダイジェスト』編集長

かつてJリーグに熱狂した少年が今、夢を託す先。 日本人としてベトナムサッカーの発展に貢献したい 日本人にはまだなじみの薄…

ベトナムの日本人/藪下成仁さん/バリア・ヴンタウ省人民委員会/ジャパンデスク事務局 ベトナムの日本人
藪下成仁さん
バリア・ヴンタウ省人民委員会
ジャパンデスク事務局

ベトナム政府側に立ち、日本との架け橋に。 ヴンタウで培った経験をさらなる飛躍へと繋げたい ベトナム南部有数の観光地バリア…

ベトナムの日本人/高山徹さん/ブラジリアン柔術師範 ベトナムの日本人
高山徹さん
ブラジリアン柔術師範

道着1つあれば、世界中どこへ行っても友達になれる。 ブラジリアン柔術の波がベトナムに広がることを願って ハノイ中心部の、…

ベトナムの日本人/村山康文さん/フォトジャーナリスト ベトナムの日本人
村山康文さん
フォトジャーナリスト

文洋さんが教えてくれた「責任」 人生を背負う覚悟で、取材相手と向き合い続けたい 「文洋さんの背中をね、ずっと見てたいと思…