ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 12月号

タグ:
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2011/12/06 – 06:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

ベトナムニュース解析外貨建て価格表示、
違反は最高5億VNDの罰金

政府は、通貨・銀行活動の行政違反の処罰について規定した2004年12月10日付政令202/2004/ND-CP号の一部条項を改正・補充する政令95/2011/ND-CP号を公告。外貨管理および金販売管理に関する規定違反に対する罰金は最高5億VND(約186万円)となる。これまでは7000万VND(約26万円)。

『Nguoi Lao Dong』2011年 10月23日p.02

解説

ベトナムの公式通貨はドン(VND)。街中には米ドルでの価格表示が溢れていますが、ドル(外貨)での価格表示や取引、決済は、金融機関に対するものなど一部認められているケースを除き禁止されています。

このたびの改正政令95号では、規定違反の外貨建て価格表示に最高5億VND(約186万円)の罰金が科されるようになりましたが、これまでにも、外貨での価格表示や取引で処分されるケースは見られています。

また、ベトナム国内への外貨持ち込み(国外持ち出し)は、2011年9月1日(木)から、無申告で認められるのは5000US$(またはその他外貨相当額)までに引き下げられています(これまでは7000US$)。

10月のCPI前月比上昇率は
14ヶ月で最低

統計総局によると、2011年10月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前月比0.36%、昨年末比17.05%、前年同期比21.59%となった。

10月のCPI上昇率は、2010年8月以来最低となった。上昇は急速に落ち着きつつあり、11月は昨年11月(1.86%)のように高くならない良い兆候だ。

年ごとに見ると、10月のCPIは昨年10月比で21.59%上昇しており、8月(23.02%)、9月(22.42%)の前年同期比上昇率より低い。

『Thoi Bao Kinh Te Viet Nam』2011年10月25日p.04

解説

フォー1杯5000VND(約20円)――10年ほど前はこんな時代でしたが、今やリーズナブルなレストランでもフォーに5万VND(約190円)ほどとるのは当たり前、一般庶民向けの店でも2万5000~3万VND(約90~110円)といったところでしょうか。

近年著しい経済成長を遂げるベトナムでは物価も大きく上がっており、統計によると、前年12月比のCPI年間上昇率は2007年から10%を超える2桁上昇、2008年には約20%に達しました。

世界的に見ても高いインフレ率で、財務省によると2001~2005年平均は5.35%で世界67位、2006~2010年は11.5%で24位。2007~2010年(2009年を除く)は常に近隣諸国を上回り、2010年は11.75%に達してインドの1.5倍、中国の3倍、タイの8倍でした。

加速するインフレにベトナム政府は2011年2月、物価上昇抑制や経済安定化を目指した金融引締め、財政緊縮策を盛り込んだ決議11号を打ち出し、この効果は2011年後半から徐々に統計に反映されています。

出生率は北高南低、
最低はホーチミン市

人口・家族計画総局によると2010年、全国の女性1人当たりの出産数は2人だったが、ホーチミン市は1.45人で、全国で最も低かった。

ハノイは2.1人、地域的には東南部・メコンデルタの出生率が全国で最も低く、ロンアン(Long An)省では1.6人、バックリウ(Bac Lieu)省、カーマウ(Ca Mau)省では1.75人。

メコンデルタでは貧しい地域も多数あるが出生率は低く、北部のディエンビエン(Dien Bien)省やライチャウ(Lai Chau)省、ハザン(Ha Giang)省、中部のザーラーイ(Gia Lai)省といった経済が困難な山岳省では、3人となっている。

『Tuoi Tre』2011年 10月7日p.02

解説

人口の約半分が30歳未満と若年人口の多いベトナムでは、一昔前までは7~8人兄弟というのも普通だったようですが、近年は子どもは1人か2人、という家庭が多いようです。政府も二人っ子政策を推進しています。

底辺を0歳とする人口ピラミッドも1999年頃から底辺が縮小し始め、2009年時点で人口比率が最も大きいのは15~29歳(約30%)となっています。

一方、ベトナムの人口問題で大きなものに、家を継ぐ男子の尊重があります。この傾向は特に北部で強く、地方によっては出生時の男女比が女児100に対し男児130という例もあるようです。男児を強く望むがあまり、女児と分かれば中絶してしまう夫婦もいるそうです。

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

改正労働法が成立 定年引上げ、年間残業は変更無し 国会は11月20日、改正労働法案を賛成多数で可決した。9月2日建国記念…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

改正労働法が成立 定年引上げ、年間残業は変更無し 国会は11月20日、改正労働法案を賛成多数で可決した。9月2日建国記念…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ベトナム人の英語力、 100ヶ国中52位 スイスの教育機関「エデュケーションファースト/Education First」…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

外国人が「最も暮らしやすい国」、 ベトナムは世界で2位 「インターネーションズ/InterNations」 社は、201…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

11月、カントー市で 日越経済・文化交流フェス ベトナム商工会議所(VCCI)とカントー市は東京で2019年8月9日、同…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2016~2018年の情報を知る 「企業白書」を初発行 「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号

アフリカ豚コレラ、 被害が180億円に ベトナムではこれまでに55地方でアフリカ豚コレラ(ASF)が発生し、豚220万頭…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号

ビングループが AI研究所を設立 複合企業「ビングループ/Vingroup」は2019年4月17日、人工知能(AI)の科…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

新春の縁起の良い日に「ゴールド」を買う 旧暦1月10日は「財神」(Than Tai)の日。この日にゴールドを買えば1年中…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ハノイでF1、開催費6000万USD ハノイは、2020年4月に自動車レースの最高峰「フォーミュラ・ワン(F1)」を開催…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ベトナム米を国際ブランドに、ロゴマークを発表 農業農村開発省は「第3回ベトナム稲作フェスティバル」でベトナム米のロゴを公…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

コンビニ競争激化、本格的な成長期に 不動産管理会社「サヴィルズ/Savills」は、10年間の模索期を経てコンビニが本格…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

離着陸時の携帯電話使用、300万~500万VNDの罰金 ベトナム航空局は、搭乗客に機内での携帯電話・電子機器使用を控える…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

ベトナムのロジスティクス業界、毎年2万人の人材不足 2018年9月8日(土)に、ホーチミン市で開いた「ロジスティクス業界…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2019年の最低賃金は5.3%引き上げで妥結 国家賃金審議会は、2018年8月13日(月)、2019年の地域別最低賃金に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

ベトナム人の清涼飲料水消費、年間50億L ベトナムの清涼飲料水の消費量は、2016年に40億Lを超え、2018年には50…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ベトナムでも手軽かつ安価に 唾液でHIV検査 ベトナムで、唾液によるHIV検査が可能になった。オンライン販売サイトなどで…