ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

坂田雅子さん
ドキュメンタリー映画監督

タグ:
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2011/08/02 – 18:51

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

坂田雅子さん/ドキュメンタリー映画監督ベトナムの日本人

夫を喪った哀しみを癒すため
始めた映画制作がライフワークに

2003年5月、坂田雅子さんの夫で、フォトジャーナリストのグレッグさんが肝臓がんで亡くなった。兵役中にベトナム戦争で浴びた枯葉剤が原因として疑われた。「最愛の夫の死があまりに辛くて、何かをしていないとどうしようもない。すがるような気持ちで思い立ったのが、枯葉剤に関するドキュメンタリー映画を作ることでした」。

とはいえ、映画制作は未経験。仕事を続けつつ、アメリカで映画制作のワークショップに参加し、基礎を学んだ。そして2004年、枯葉剤の被害者たちに会うためベトナムへ。「最初は、重い障がいをもつ彼らの容貌に衝撃を受けました。でも接してみると、みんなかわいくて人懐こい、普通の子どもであることに気付きました。家族も、過酷な運命の中にあって労わり合い、愛情にあふれていました。行く前は、さぞ気が滅入る旅になるだろうと覚悟していましたが、感動で胸が詰まる場面も多く、撮影を通して、徐々に私は癒されていったのです」。

映画にすれば、彼らを世間にさらすことになるのではと、坂田さんは悩んだという。「ベトナムでは当時、枯葉剤の被害についてあまり知られておらず、因果関係をもっと世間に広めてほしいと訴えてくる被害者も少なくありませんでした。彼らへの支援は十分とはいえなかったうえ、障がいのある子どもが生まれたのは、先祖の悪行に対する祟りだといった、周囲の偏見もまだ根強かったのです」。

撮影されたテープは、延べ80時間に及んだ。枯葉剤の写真集を手がけていたフォトジャーナリストの友人などの協力を得て2007年、映画『花はどこへいった』は完成。世界各地で話題を呼び、数々の国際的な映画賞を受賞した。「政治的意図はなく、個人的な理由で始めた映画制作でしたが、その過程で、社会の多くの問題に目を開かされました。被害者が置かれている過酷な状況を世界に伝えたい、という想いも強くなりました」。

現在、坂田さんは続編を制作中だ。2010年にはハノイに居を構え、集中的な撮影を敢行。枯葉剤を浴びた帰還米兵の子として、障がいを負って生まれたアメリカ人女性を中心に据え、ベトナム人被害者との対話も撮影した。その様子はNHKのドキュメンタリー番組として放送され、大きな反響を呼んだ。同じ障がいのある米越両国の被害者が、心を通わせるシーンが印象的だ。

「ベトナムの人びとがアメリカに対し、『誰のせいでもない。戦争だったんだから』と、
寛容な心で受け止めていることに、日本の視聴者は驚いたようです」。

2011年、坂田さんは、枯葉剤被害を受けたベトナムの子どもたちのための奨学金基金「希望の種」を立ち上げた。枯葉剤被害者を支援するベトナムの非政府組織(NGO)と協力し、経済的な理由で専門教育を受けられない被害児童に、奨学金を支給しようというものだ。

「必要なのは経済的援助だけではありません。多くの人たちが子どもたちの苦境を知り、

助けたいと手を差し伸べてくれていることを彼らが実感するだけでも、大きな力になるのです。援助できる子どもの数はわずかですが、小さな種もいずれ大木に育つと信じています」。

1人の女性の夫への愛情から生まれた映画が、多くの人びとを感動の渦に巻き込んだように、ひとりひとりの小さな善意が、大きく実を結んでいくことを願ってやまない。

坂田雅子 さかたまさこ
1948年、長野県生まれ。1970年に写真家グレッグ・デイヴィス(Greg Davis)氏と結婚。
1979年から写真の配信会社に勤務し、後に独立する。2003年の夫の死をきっかけに、枯
葉剤についてのドキュメンタリー映画制作を決心。米国で映画制作を学んだ後、2007年
に『花はどこへいった』を完成させ、「毎日映画コンクール」他、国内外で多数の賞を受
賞。2008年、同名の書籍を刊行。現在、映画の続編を制作中。

「希望の種」では会員を募集中。詳しくは下記ウェブサイトへ www.seed-o-hope.com

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

三輪枝里さん/美ボディメイク インストラクター 三輪枝里さん
美ボディメイク インストラクター

エクササイズで体を整え、健康メンテナンス 女性の“美しく変わりたい”をサポートしたい “治す”“整える”の2つの側面から…

佐久間静香 さん/ベトジェットエア(Vietjet Air)キャビンクルー 佐久間静香 さん
ベトジェットエア(Vietjet Air)キャビンクルー

ニューエイジキャリアサービスの質を高めて “意外にも”快適な空の旅を届けたい 営業ウーマンかキャビンクルーか 悩んで迷っ…

酒井俊 さん/歌手 酒井俊 さん
歌手

ベトナムで歌うことで得た 価値のあるおだやかな時間 音楽“鑑賞”が稀なベトナムで 盲目人ピアニストと共演し感じたこと 2…

野口亮祐 さん/健康インストラクター 野口亮祐 さん
健康インストラクター

薬を飲まなくても病気を治す方法がある 伝統療法による健康手段を海外でも提案したい 健康体に突如襲い掛かった激痛 操体法に…

鵜飼朋子 さん/「ZUZU Concept Store」 オーナー 鵜飼朋子 さん
「ZUZU Concept Store」 オーナー

モノの作り手と買い手を結ぶカフェ 込められた想いやストーリーを伝えていきたい ベトナム中部の古民家をリフォーム 空間作り…

野口健一 さん/EEカンパニー  ビジネスダイレクター 野口健一 さん
EEカンパニー ビジネスダイレクター

自分らしさを求め、新たな挑戦をベトナムで 表現者から、表現力のあるタレントの育成へ 夢を追いかけ掴んだデビュー 音楽プロ…

月森砂名 さん/「Standing Bar 日本酒で乾杯!」 オーナー 月森砂名 さん
「Standing Bar 日本酒で乾杯!」 オーナー

主役は日本酒”のバーを開いて3年 清酒を通して日本文化をもっと伝えていきたい ビジネスで日本文化を発信 結びついたホーチ…

溝尾 和也 さん/エウレカストーン代表 溝尾 和也 さん
エウレカストーン代表

「自分だけにしかできないこと=石材」だった ベトナムで感じたセメントタイル事業の将来性 競争相手のいなかったビジネス “…

石田安彦さん/兎家ゲストハウスオーナー 石田安彦さん
兎家ゲストハウスオーナー

目指したのは“自分が泊まりたい宿” 宿泊客が知人に紹介してくれるゲストハウスに 穴が空いた壁や天井を 完全リノベーション…

脇山 春香 さん/ベティック(VIETHICH)運営 脇山 春香 さん
ベティック(VIETHICH)運営

サポート役としての情報発信 “誰かのために”は必ず自分に返ってくる ウェブサイトを開設して約2年半 きっかけはすべて“人…

古賀昇さん/キックボクシングジム運営 古賀昇さん
キックボクシングジム運営

好きなキックボクシングを続けていくためのジム運営 見通しのないスタートから走り続けた4年間 始まりはとてもシンプル 自分…

井上寛太さん/ルーヴェンベトナム代表 井上寛太さん
ルーヴェンベトナム代表

日本の礼儀作法や継続する力など、 スポーツを通じて日本の教育を世界へ伝えたい 夢の海外プロ生活、一方で限界も チャレンジ…

ベトナムの日本人/山洋平さん/アーティスト ベトナムの日本人
山洋平さん
アーティスト

画家を目指してやってきたわけではない 絵も人生も、積み重ねた結果が今の形 いろんな縁が繋がって ベトナムで絵を描いている…

ベトナムの日本人/岡崎琢充 さん/岡ちゃん食堂 オーナー兼料理人 ベトナムの日本人
岡崎琢充 さん
岡ちゃん食堂 オーナー兼料理人

ベトナムで頑張る日本人の胃袋を支えられる料理人に 自分の料理で、少しでも明日への活力を提供したい 海外で働く先輩の姿を見…

ベトナムの日本人/巽千華さん/ダンサー ベトナムの日本人
巽千華さん
ダンサー

中学生で日本を離れ、海外で学んだダンス ベトナムには枠にとらわれない新しさがある 13歳でバレエを学ぶため中国へ留学 オ…

ベトナムの日本人/鈴木麻美/イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー ベトナムの日本人
鈴木麻美
イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー

イラストマップで伝えるハノイの魅力 楽しく“はっぴー”な気分になってほしい 自分の好きな場所で好きなことを ハノイで立ち…

ベトナムの日本人/鈴木トミコさん/刺しゅうバッグデザイナー ベトナムの日本人
鈴木トミコさん
刺しゅうバッグデザイナー

ベトナムで作るオリジナルの刺しゅうバッグ 自分のデザインが形になるのが楽しい あのときズボンが破れていなければ 今ベトナ…

ベトナムの日本人/吉田綾華さん/アーニャットコスメ代表 ベトナムの日本人
吉田綾華さん
アーニャットコスメ代表

自らプロデュースした化粧品を販売 活気ある環境づくり、雇用創出など社会貢献に繋げたい ベトナムへ呼ばれるように就職 何か…

ベトナムの日本人/Asako/ヨガインストラクター ベトナムの日本人
Asako
ヨガインストラクター

自分が好きなヨガで喜んでもらえる快感 外国だからこそ、日本語のヨガ教室を ヨガで頭を使ってはナンセンス だからこそ日本語…

ベトナムの日本人/山本真由/銭湯はノ湯・マネージャー ベトナムの日本人
山本真由
銭湯はノ湯・マネージャー

ベトナムで取り戻せた本当の自分 過去の経験を活かし、仕事も家庭も両立できるママを目指す 日本で挫折を繰り返すも 無駄には…