ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > 連載終了 > ベトナム芸術鑑賞のヒント > ...

第10回 英雄グエン・ヴァン・チョイ
グエン・ハーイ

タグ:
カテゴリ:ベトナム芸術鑑賞のヒント
更新:2011/06/28 – 12:29

ベトナム美術史にさん然と輝く名作の数々を収蔵・展示する、ハノイの「ベトナム国立美術博物館」。美術館ボランティア・長谷川さんのお話をヒントに、美術博物館を訪れてみませんか?

英雄グエン・ヴァン・チョイ(銅像)
英雄グエン・ヴァン・チョイ(銅像) グエン・ハーイ/Nguyen Hai 1973年

ベトナム国立美術博物館収蔵品から
第10回 英雄グエン・ヴァン・チョイ グエン・ハーイ

両腕を縛られ、動きを拘束された状態で歩くひとりの青年。表情は暗く、感情を押し殺しながらも何かを訴えようとする強い意志を感じさせる。

電気工グエン・ヴァン・チョイ(Nguyen Van Troi)は、南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)の兵士でもあった。1964年、当時の米国国防長官の暗殺を企てた罪により、南ベトナム政府によって公開処刑されることとなった。

処刑の直前、彼は毅然とした態度で米国軍を批判し、祖国への愛を叫んだ。その姿は集まった大勢の聴衆や各国報道陣に強い衝撃を与え、主に共産圏諸国で連日のように報道された。死の翌年には彼を描いた切手が発行され、彼の名前は今なお、道路や橋の名称として残されている。共産国キューバにも、「グエン・ヴァン・チョイ・スタジアム」という野球場が存在する。

処刑される直前のチョイの姿を表現したこの像は、プロパガンダ的な作品制作に優れた手腕を発揮した彫刻家、グエン・ハーイによるものだ。写実的な頭部、腕、足元に対して、衣服はデフォルメされて不自然にゆがんでいる。衣服のゆがみは彼の苦痛を、そして対照的にきりりと前を向く顔や前進する体は、彼が死を目前にしても勇敢に自らの主張を訴えた、純粋な若い精神の強さを感じさせる。抽象、写実ともに高度な表現力をもつ、ハーイならではの彫刻作品である。

ベトナム国立美術博物館/Bao Tang My Thuat Viet Nam
住所:66 Nguyen Thai Hoc St., Ba Dinh Dist., Hanoi
電話:(04) 3823 3084 / 3733 2131
開館時間:8:30~17:00
入館料:2万VND(約80円)

長谷川光代 はせがわみつよ
早稲田大学第一文学部美術史学専修卒業。英国シティ大学大学院でアートマネージメントを学ぶ。東京都港区の森美術館での学芸員を経て、2009年よりハノイのベトナム国立美術博物館でボランティアを務める。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

第11回 村の入党式/レ・クオック・ロック 第11回 村の入党式
レ・クオック・ロック

村の入党式(漆画) レ・クオック・ロック/Le Quoc Loc 1982年 ベトナム国立美術博物館収蔵品から 第11回…